「後悔」って何だろう?

言葉をつかう

「後悔先に立たず」ということわざ。
真っ先に思い浮かぶのが、休日を無為に1日ダラダラすごしてしまい、
「ああ……今日は何もしていない……」と夕方ごろに考える。そんな様子です。

スポンサーリンク

達成されなかった、〇〇のかけら達

ただ、ダラダラすることが目的なら、そんな1日をすごしても後悔はないはず。
となると、「後悔」の正体は、何なのでしょうか?

「後悔」の正体は、「達成されなかった目的のかけら」です。

意識している・していないに関わらず、私たちは目的を持っています。
「ゴール」と言い換えてもいいでしょう。

あなたの「目的」「ゴール」は、
今の自分とは全く違う自分になることかもしれません。
あるいは、ずっと同じ暮らしをして、変わらずすごしていくことかもしれません。

自分でも、正確に理解ができていないほうが多いものです。
目的が大きくて、自分から見てもその一部しか見えなかったり。

スポンサーリンク

短絡的に判断できないから、形を変えて現れる

その目的が、達成に遠のく行動をしたとき、私たちは後悔しますが、
「目的が達成できなかった」という後悔ではなく、
「〇〇(目の前の具体的な行動)をしなかった」と思います。

そういう意味で「後悔は『達成されなかった目的のかけら』」です。
目的自体が達成されるか、されないかは、その後悔から、短絡的に判断することはできないから。

スポンサーリンク

感じた後悔を見つめてみよう

あなたが最近感じた「後悔」は、どんなものですか?

その後悔は、あなたのどんな「目的」から生まれたものでしょうか?
少し手を止めて、考えてみてくださいね。

お読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

後悔することに関しては、こちらの記事でも書いています。

「働き方」の改革以上に大事なこと
働き方改革! ……と言われ始めて、ずいぶん経ちました。 実際に改革されているのかはここでは議...
今も未来も「満足」させる
電車でスマートフォンを扱っている人を、よく観察しています。 LINEをしたり、ゲームをしたり、In...
スポンサーリンク

お知らせ

【社会人から、3ステップで仕事と人生を楽しくするメール講座】
配信準備中です!
【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友達追加ボタン、またはID検索「@phv7320r」で登録できます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました