言葉の表現にも適用される、「量質転化」の法則

言葉をつかう

個人的に、以前からとても尊敬している作詞家の方がいます。
彼女は現在、作詞家専業として、さまざまなアイドルユニットに歌詞を提供する他、作品の挿入歌の作詞を担当しています。

スポンサーリンク

その作詞家が、評価されるのはなぜ?

その歌詞たちは、ただの日本語であるにもかかわらず、たくさんの人の心を揺さぶり、共感を得ています。

彼女の書く歌詞は、どうして感情を揺さぶるのか?
ただの日本語の文章のはずなのに、何が違うのか?
彼女が評価されているのはなぜか?

その作詞家の強みは、
「作詞対象(歌う人や作品)の背景にある情報を、分かりやすい言葉に落とし込むのが巧みだから」
だったんです。

スポンサーリンク

コンテクスト=背景情報の共有

曲を聴く人たちの間には「同じものが好き」というコンテクスト、背景情報が共有されています。
その曲を聴いた人が「この歌詞、分かる……」とつい思ってしまうような、言葉の選び方。

以前、同じ言葉でも、コンテクスト(背景)により意味合いが異なるという話をしました。

「言葉にすること」の難しさ
私はブログを日本語で書いています。 そして、あなたはこのブログを日本語で認識して読んでいます。 ...

あらかじめ聴く人の間で共有されている背景の情報を、彼女は分かりやすい言葉選びで、的確に表現しているんです。

どんな情報も、言葉そのもの(コンテンツ)と、背景情報(コンテクスト)で作られています。

背景情報を共有した相手へ、的確な言葉を投げる彼女が、評価されない理由はありませんね。

スポンサーリンク

どんな仕事も、量は質に転化する

ただ、それは才能だけではなく、おそらく圧倒的な仕事量で裏付けられた実力です。
20年オーバーのキャリアの中で、彼女が作詞した曲は1500曲近くとも言われています。

「量が質に転化する」と言われますが、その実例を、リアルタイムで見ている気持ちになりました。

質にこだわりすぎるあまり、量が減るのは本末転倒です。
テイク1で、最初から、良いものが作れるわけはないから。

私は作詞ではなく、ブログで情報発信をする身です。
文章や絵、また事務的な仕事であっても、「量が質に転化する」ことは、肝に銘じておきたいですね。

お読みいただき、ありがとうこざいました!

【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました