1の違いより、100の「当たり前」を敬う

認識を変える

油断すると、私たちは当たり前でないものばかりにフォーカスしてしまい、
「当たり前」をないがしろにしてしまいそうになります。

スポンサーリンク

自分の体は一生付き合うもの

友達と丸一日遊んで、ここぞとばかりに飲み食いする。
その反動を、翌日、もろに受けることがあります。

そんな日は、体を労わりつつ、後回しになっていたやることを少しずつ進めて1日すごします。
毎日きちんと回復すれば、毎日が全力なんですけどね。

自分の体は一生付き合っていくものなので、仲良くやっていきたいです。

スポンサーリンク

何でもないようなことが一番大事

五体満足であること、元気なこと。
「当たり前のこと」は、普段は意識しないこともあり、なかなか認識することができません。

失って初めて分かるありがたみ……ということもあります。

私自身、定期健康診断で即入院→手術になったことがあります。
この時ばかりは、「健康って当たり前じゃないんだ……」と思いました。

『何でもないようなことが 幸せだったと思う』

と歌っているロックバンドもいますね。

スポンサーリンク

1の違いより、100の当たり前

けがをしたり風邪をひいたりした際、その不調に目線を向けがちです。
「当たり前でないもの」に目を向けてしまいます。

けれど、体は動くし、目も見えている。声も出せる。

つい、当たり前でないものばかりにフォーカスしてしまい、
「当たり前」をないがしろにしてしまいそうになります。

自分が「これ、いつもと違うなあ」と思う1点の裏側には、100個の当たり前が隠れている。
そう思うくらいのほうが、バランスが良いのかもしれません。

自分が当たり前だと思っていること。
他の誰かにとっては、当たり前でないかもしれない。

「1の違いを責めるより、100の当たり前を敬う」ことを、
忘れないようにしたいなあと思います。

スポンサーリンク

お知らせ

【社会人から、3ステップで仕事と人生を楽しくするメール講座】
配信準備中です!
【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友達追加ボタン、またはID検索「@phv7320r」で登録できます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました