令和の始めに、6つのミッションステートメントを作成しました

目標・ミッション

平成が終わり、新元号の「令和」が始まりましたね。
そんな令和初日の5月1日に、自分のミッションステートメントを作成しました。

「自分はこれから、どう生きていきたいのか?」
書き出す、個人でのミッションステートメントの作り方を紹介します。

元旦ではありませんが、「一年の計は元旦にあり」と同じノリです。

スポンサーリンク

そもそもミッションステートメントって何?

ミッションステートメントとは、企業や個人が決める価値観や行動指針のこと。
企業だと、経営理念のWebページに書かれていることが多いです。

一方、個人でのミッションステートメントは
「自分の憲法」と言い表すことができます。

フランクリン・コヴィー著「七つの習慣」の、第2の習慣「目的を持って始める」。
この項目に、ミッションステートメントを作成しよう!と書かれています。

概要はこちらのページをご覧ください。

301 Moved Permanently
スポンサーリンク

ミッションステートメントを作成すると何がいいの?

ミッションステートメントを作成する過程そのものが、
「自分はどうなりたいのか?」
と自分に問うきっかけになります。

そして、その答えを書き出すことで、自分の行動指針になります。
そこから行動を変えていくことができるんです。

とは言っても、頭の中で考えているだけでもいいんじゃないの?
私もそう思っていました。

しかし、頭の中にあるだけでは、細かい文章のブレが起こり、うやむやになり、日常に流されて、結局どんなことを思っていたかも忘れてしまうのです。
支離滅裂でも、たどたどしくても、書き出して形にすることが重要です。

ミッションステートメントの作り方は人それぞれ。

私は、冒頭に書いた通り、
「自分はこれから、どう生きていきたいのか?」
と考え、出てきたキーワードから重要度の高いものをつなげて、文章にしていきました。

ガッツリ作り込みたい方は、jmatsuzakiさんのやり方がおすすめです。

ミッション・ステートメントの作り方 | jMatsuzaki
ミッション・ステートメントとは、「7つの習慣」の中の第二の習慣で紹介されているものです。ミッション・ステートメントは夢を文章化したものであり、あらゆる物事の判断基準となるものです。ミッション・ステートメントをどうつくるか、私のやり方をご紹介します。
スポンサーリンク

 私のミッションステートメントはこれです

ということで、私が作成したミッションステートメントはこちらです。

・私は、私とあなたの可能性を信じます。
・好きなもの、好きなことに全力を投資し、その範囲を広げていきます。
・どんなときでも「遊び」の心を持ち続けます。
・私は変化を歓迎します。
・選択に迷ったときは「変えるほう」を選びます。
・私は経験を大事にします。

1つずつ掘り下げることができる項目ですが、きっと、どんどん変わっていくんだろうな、と思っています。
不変のものを据えておくのが、今はまだすごく苦手だから。

でも、どんどん言葉は変わっていっても、中心にある真理が別の言葉になるだけで、大事なことはそう変わらない。

書き出しておくことに意味がある、ということで、令和最初の日にミッションステートメントを作成しました。
ここからどう進んでいくか、ご期待ください!

ノート20ページに思考を殴り書きして「希望」を掴んだ話
どうにもモヤモヤが晴れない。頭の中で色々考えすぎている。そんなときは、頭の中で考えていることの棚卸しが必要です。実際に試してみたら、底にある「希望」を見つけることができました。
どんな自分であるかは、自分自身で決める
性格診断や自己分析ツールは、コミュニケーションや自他の理解を助けてくれます。一方で、行動アドバイスを取り入れすぎて自分を見失ってしまうこともあります。そんな落とし穴にはまった私の話です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました