ノート20ページに思考を殴り書きして「希望」を掴んだ話

目標・ミッション

どうにもモヤモヤが晴れない。
頭の中で色々考えすぎている。

そんなときは、頭の中で考えていることの棚卸しが必要です。
実際に試してみました。

スポンサーリンク

喫茶店で頭の中をノートに書き出す

先日、どうにも落ち着かない、不安みたいなものにとらわれている気がしたので、自宅の最寄り駅近くの喫茶店にこもって、ノートに思っていることを端から全部書き出しました。

なぜ自宅でなく、最寄り駅近くの喫茶店なのか。

雰囲気を変えることで、自分の思考に集中できるからです。
私の場合は、家だと家事タスクが気になったりだらけたりしがちなので、あえて場所を変えるようにしています。
また、自宅の最寄り駅近くなら、帰りの電車の心配をすることもありません。

ノートはB6サイズ、ドット方眼のものを使っています。

サイズは小さめですが、持ち歩きしやすいのが最大の利点です。

書き出すときは「掻き出す」感覚で、頭の中で今思っていること、書きながら考えたことを全部メモしていきます。
同じことを、3回くらい書いていることもあります。
「あ、これさっきも書いたな」と思ったら、それさえもそのまま書きます。
読み返すつもりはないので、字はミミズみたいでも構いません。

スポンサーリンク

嫉妬や不安をぶちまけた底にあったのは希望だった

2時間かけて20ページ分くらい書き出したところで、ボールペンの走るペースも落ち、気持ちも落ち着いてきました。
そんな中で、最後に出てきたもの、今回の思考のいちばん底にあったもの。

それは、

「どんな状況でも『遊び』を選べる人になる」
「働くと遊ぶの境界線をぐちゃぐちゃにする」

でした。
どちらも、前々から言っていたことです。

自分中にある不安・嫉妬・懐疑心・堕落したいと思う気持ち・怒り・悲しみ・諦め・そういった醜いものを、全部殴り書きしていく。
やりきった後に残っていたのは、口癖のように言っているいつもの言葉でした。

ギリシャ神話の「パンドラの箱」の最後に残っていた「希望」みたいに。

改めて宣言したくて、Twitterにも投稿しました。

スポンサーリンク

ノート1冊とペン1本から始める、「希望」の見つけ方

腑に落ちないモヤモヤがある。
今のままじゃダメな気がする。
でも何をすればいいのか分からない……。
そんな時は、

・ノート(できれば無地)とボールペンを1本買う
・喫茶店など自分が集中できる場所で、思っていることを全部書き出す

をやってみてください。

10ページも20ページでも、何枚でもノートを使っていいんです。
書ききった先に見えるものは、あなたが大事にできる、希望かもしれません。

「普通」にも「特別」にもなれなかった、あなたと私へ
過去に自分を奮い立たせるために書いた手紙を、いま読み返す機会がありました。普通と特別の間で奮闘する、あなたと私へ。
スポンサーリンク

お知らせ

【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました