全ての女子に勧めたい「旅する氷結」11種を飲み比べ!

飲食

最近好きなもの。
キリンから発売されている「旅する氷結」シリーズです。

普段は、ビール!焼酎!日本酒!といったお酒ばかりなので、
「3%のチューハイなぞジュースだ」と思っていましたが、久しぶりにヒットしました。

スポンサーリンク

「旅する氷結」に、氷結のイメージを覆された!

キリンの「旅する氷結」がおいしいんです。

キリン『旅する氷結』特設Webサイト

氷結といえば、個人的には

  • お酒の匂いが強い
  • 酒好きが飲む酒

というイメージが強いブランド。
お酒は好きなんですが、匂いが苦手で、あまり進んで飲むことはありませんでした。

ですが、「旅する氷結」シリーズの度数は3%~4%ほど。
原材料のお酒の匂いはあまりなく、

これが……氷結……!?

というのが正直な第一印象でした。

スポンサーリンク

旅する氷結を女子に勧めたい理由

コンセプトが良い

解放感、楽しさ、ワクワク。
旅する氷結は、そんなキーワードが含まれる「旅行」の行き先と、その地域にあるお酒をモチーフにしています。

モチーフになった地域や飲み物の情報は、缶にも解説されています。

行ったことのある場所なら、その時のことを思い出しながら。
まだ行ったことがない場所なら、どんな地域かを想像しながら。

そうやって飲んでみるのも、おもしろいですね。

おしゃれ、缶がかわいい

一般の氷結に比べて、缶のデザインが圧倒的にかわいいです。好きなんです、これ。
冷蔵庫に入っていると、ちょっとにっこりします。

でも、飲むときはグラスに入れて飲んでほしい。
「透明なグラスに氷を入れて飲んだほうがおしゃれだ!!」というだけの理由です。

飲みやすい

「旅する氷結」シリーズの度数は3%~4%。
サントリー「ほろよい」シリーズと同じくらいです。

アルコールの味も強すぎず、楽しく飲むことができます。
もちろん、度数が低くてもお酒はお酒。飲みすぎには注意です。

スポンサーリンク

旅する氷結の一覧と、9種類を飲み比べてみた

さっそく、飲んだものを紹介していきますね。

アップルオレンジサングリア:甘さとほろ苦さ

旅する氷結アップルオレンジサングリアの缶

バルセロナのバルで出されるような、赤ワインのサングリアがモチーフ。
フルーツの味わいで甘さが強めですが、その中にもほろ苦さがあります。
サングリアが飲みたくなりました。

マンマレモンチーノ:甘すぎないレモンの風味

旅する氷結マンマレモンチーノの缶

シチリアのお酒「レモンチーニ」がモチーフ。
レモンの香りが広がりますが、甘すぎないところが良いです。

キウイアイランド:キウイフレーバー無双

旅する氷結キウイアイランドの缶

ニュージーランドでとれたキウイがモチーフ。
開けた瞬間に、すさまじくキウイの香りがする。びっくりしました。

カリビアンモヒート:薬っぽいミント感

旅する氷結カリビアンモヒートの缶

カリブ海で飲むようなモヒートがモチーフ。
ミント感というよりは、ちょっと薬っぽい味がします。
好みの問題かもしれません。

ヨーグルモサワー:ヨーグルトとほんのり桃

旅する氷結ヨーグルモサワーの缶

ギリシャのサントリーニ島で食べるような、ヨーグルトがモチーフ。
ヨーグルトがメイン、ほんのり桃の味。やさしい甘さです。

ピーチアモーレ:がっつり甘い桃の味

旅する氷結ピーチアモーレの缶

ヴェネチアで飲む、スパークリングワインと桃ピューレのカクテル「ベリーニ」がモチーフ。
ヨーグルモサワーと比較して、こちらはがっつり桃です。

グレープフルーツドッグ:爽やかグレープフルーツ

イギリス生まれのソルティドッグがモチーフ。
爽やかなグレープフルーツの味。

ハオチーライチ:さっぱりライチ

「楊貴妃」というカクテルがモチーフ。
楊貴妃自体はブルーキュラソーが入っているため青色ですが、こちらはやや白いくらい。
ソルティライチだ!!って思いました。同じメーカーだし言っても問題ないはず。

グレープフルーツドッグとハオチーライチは、実家に帰った際に見つけたので写真がありません。ご容赦。

マスカットカンタービレ:白ワイン気分

旅する氷結マスカットカンタービレの缶

音楽の都・ウィーンにあるぶどう酒「シュトゥルム」がモチーフ。
白ぶどうの風味と、程よいスパークリング感が心地よい!

ロコロコパイン:パイナップル全開の南国テイスト

旅する氷結ロコロコパインの缶

南国のパイナップルのお酒をベースにアレンジした1本。
開けた瞬間にパイナップルの香りが広がります。味もトロピカル。

チェリーパイナッポー:甘いだけじゃないチェリーの風味

旅する氷結チェリーパイナッポーの缶

シンガポールの夕焼けを模したカクテル「シンガポール・スリング」がモチーフ。
チェリーの風味が強めで、後からほんのりパインの風味が漂います。

※2020年2月現在、チェリーパイナッポーは販売を終了しています。

レモンコーラアミーゴ

まだ出会えていません!飲んだら追記予定です。

スポンサーリンク

「旅する氷結」のデメリットは?

ここまでベタ褒めしてきましたが、もちろんデメリットもあります。
それは、「あんまり売っていない」ということ。(2018年10月時点)

ここまで紹介しておいて!?という気持ちもありますが、品薄なのか、それとも流通量を減らしているのか……。
ラインナップも多いので、全種類が1店舗に揃ってたら超ラッキー!!と思ってください。

今回、9種集めるために5~6店舗回りましたが、それでも全種類揃っていません。

気になる人は、もうAmazonで注文したほうが早いです。

スポンサーリンク

結局どれが一番おすすめなの?

おすすめランキングはこんな感じです。(個人の感想です)

1.マンマレモンチーノ
2.グレープフルーツドッグ
3.マスカットカンタービレ

甘すぎず、さらっと飲めるタイプのものがオススメです。
マンマレモンチーノだけ2本飲みました。おいしかった。

スポンサーリンク

旅する氷結で、ライトな飲酒ライフを始めよう

キリンの氷結ファミリーの新しい顔、「旅する氷結」を紹介しました。

このシリーズは、20代の若年層を狙った商品だそうで。
まんまと引っかかったな~という思いが大きいです。

冷蔵庫を開けると、ちょっと楽しくなるようなデザインのパッケージ。
女子にも受け入れられやすい、気軽に飲めるアルコール度数と味のラインナップ。

やや品薄な「旅する氷結」シリーズですが、もし見つけたら、ぜひ飲んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました