仕事って何だろう?働くって何だろう?

働き方

仕事したくない。
働きたくない。

よく聞く言葉です。私もよく言っていました。

ただ漠然と、そう言うのは簡単です。
そこで、「仕事」とか「働く」って、元々はどんな意味なんだろう?と考えてみました。

スポンサーリンク

「仕事」って何だろう?

まず仕事について。

「事に仕える」と書いて、仕事です。
仕事とは、生計を立てるために従事するものだけを指すのではありません。
「何かを作り出す、成し遂げるための行動」という意味もあります。

仕事の「仕」という漢字は当て字で、「する」の意味を持ちます。
つまり本来は、事をする、ことを成す、そういった全てが仕事です。

スポンサーリンク

「働く」って何だろう?

「人が動く」と書いて働くです。

文字通りですね。

スポンサーリンク

仕事・働くことの共通点

仕事や働くという言葉の成り立ちを、漢字から推測しました。
両者に共通するのは、「行動することそのものである」ということ。

生計を立てるとか、生きるためのお金を得るとかは、本来関係ありません。
現代で言われる、仕事といえば「飯の種を稼ぐこと」的なイメージは、後付けでしかないことも分かります。

スポンサーリンク

働くこと、仕事へのイメージを書き換える

となると、考えることがひとつあります。
働くことや仕事に対して、ネガティブなイメージを作っているのは、自分自身なのではないか?
ということです。

人が行動すること全てが仕事なら、「仕事とプライベート」といった区分けもなくなります。

そういった視点で、世の中で楽しそうにしている人たちを眺めてみました。
不思議なことに、仕事とプライベートの区別なんてないように見えてくるんです。

日々変化に努め、試し、遊び感覚でいろいろやってみる。

そこにあるのは、「お金のため」「ご飯を食べるため」の仕事ではなく、「人生の一部」としての仕事です。
仕事が絶対じゃないし、会社に8時間いることが絶対じゃないし、一方で趣味が大事なのも絶対じゃない。

スポンサーリンク

自己表現として、仕事を面白がろう

仕事や働くことも「自己表現のひとつ」だとしたら、面白がれることは何なのか?
難しいけど、おもしろいなと思います。

働きたくない、仕事したくないは「人間として生きたくない」みたいなものです。そうも言ってられないですね。

今日、あなたは、「自己表現として」どんな仕事をしますか?


仕事についての一夜の物語です。
こちらも読んでみてくださいね。

お読みいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました