状況を利用すべく「今」に集中したら、仕事が楽しくなった

働き方

最近、会社の仕事が楽しいです。
なぜそうなったか?って話。

スポンサーリンク

「早く定時にならないかな」が消え去った

仕事内容が変化した、担当業務が変わったわけではありません。

「何もしてないのにPCが壊れました!」というお問い合わせに対応したり。
「システムにアクセスできません!」というお問い合わせに対応したり。
今後のために内部wikipediaのようなものに情報をまとめたり。
こつこつと自分の仕事の効率化を図ったりしています。

今までは「早く定時にならないかなー」「仕事やだなー」と考えていました。
しかし、それがなくなっただけで、ずいぶんと仕事が楽しくなったんです。

なお、「1秒でも長く仕事したい!」「仕事をガチでやる!ワクワクする!」とは微塵も思いません。
その時間や熱量は、自分のことに使いたいので。

スポンサーリンク

考えても仕方がないことに、自分の時間を明け渡すな

仕事が楽しくなった理由は、「今ここに集中すること」の重要さを改めて実感したから。

時計を見て「早く定時にならないかなー」と考えるとき。
そう考えている間は、自分の意識は、想像の中にしかない未来のことだけを見ている状態です。

考えても仕方がないものに自分の熱量を明け渡している状態、とも言えます。
自分も楽しくないし、仕事相手にも失礼です。

スポンサーリンク

「今」に尽くし、自分のために毎日を利用する

たとえその仕事が「あなただからこそ」と頼まれる仕事ではないとしても。
AIに取って代わられかねない仕事だとしても。

ないがしろにしちゃいかんのだ、と思います。

もちろん、委任すること、人に任せたり依頼すること、効率化することは必要です。
持っている仕事をなくしていくこともできるでしょう。
いずれにせよ、能動的に動くのであれば、それはないがしろにしているとは別のこと。

礼儀を持って「今」に尽くし、自分を育てるために仕事や家事といった毎日を利用していく。
そんな意識でもいいんじゃないかな、と思います。

昔と今を比べて嘆くのは、ここで終わりにしよう
「昔はよかった」 「昔はこんなんじゃなかったのに」 高齢の方が言われる「昔」とまではいかなく...
過去も未来も頭の中にあるだけ、「今」の積み上げが自分を作る
過去も未来も、実体としてどこにも存在していない。となると「時間」って何だ?過去や未来、時間について考えながら、「今ここ」に集中することの重要性を考えます。
スポンサーリンク

お知らせ

【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました