はじめての外付けキーボードで3万円超えの「Happy Hacking Keyboard」に踏み切った話

HHKBの外箱 ツール・アプリ

キーボード沼の入り口で、HHKBこと「Happy Hacking Keyboard」を買いました。
たいへん快適に使っています。

まさか、自分が3万円を超える高額キーボードを買うことになるとは思ってもみませんでした。
購入に至るまでの紆余曲折を、ざっくり記録として残します。

スポンサーリンク

なぜキーボードを買おうと思ったのか

在宅勤務が始まってから、ノートパソコンに向かう時間が圧倒的に増えました。

ご想像のとおり、ノートパソコンの画面の位置は低く、常に下を向くことになります。
ただでさえ首や肩がこりやすいにもかかわらず、パソコンに向かう時間が増えたため疲れがたまる一方。
どれだけストレッチをしても、元の環境が悪ければ焼け石に水です。

対策としてノートPCスタンドを購入しましたが、今度はキーボードの位置が高くなってしまい、手首を痛めやすくなってしまいました。
(あと、ノートPCスタンドのフックに自分の手首がぶつかるのも苦手です。)

そういった状況が重なり、外付けのキーボードがほしい!と強く思うようになりました。

スポンサーリンク

やっぱり実物をさわってみたい!と家電量販店へ

外付けキーボードって、どんなものを買えばいいんだろう?

と思い、Webで検索して先駆者のブログを読んでみます。

すると、それはもうすさまじい熱量のレビューが山のように出てくる。
熱い先人たちのおかげで、キーボードにもちょっとだけ詳しくなることができた。

ただ、毎日手元で使うガジェットである以上、やっぱり実際に打ってみないと評価はできません。
そこで、ヨドバシカメラのPC周辺機器コーナーに向かいました。

伺ったお店では、幸いなことに、1000円〜2000円台の安価なキーボードだけでなく、Logicoolの最新商品やメカニカルキーボード等の高額キーボードのコーナーもあり、思う存分試し打ちをすることができました。

安価なキーボードと高価なキーボード、何が違うんだろう……?

そんな疑問も、実物を触ってみれば何となく納得ができます。
そして出会ってしまったのが、東プレのREALFORCEというシリーズのキーボードです。

スポンサーリンク

東プレのREALFORCEに驚愕……

伺ったヨドバシカメラでは、東プレというメーカーのキーボードが15台ほど展示されていました。

製品 - Home & Office - Windows | REALFORCE | 日本製プレミアムキーボードの最高峰

「Realforce贔屓がすごい……」と怪訝に思いつつ触ってみたところ、とてもビックリしました。
今までのキーボードって何だったんだ!? と思うほど、打鍵感が心地よいのです。

高価なキーボードは、打鍵音がガチャガチャしてうるさいイメージがありました。
しかし、その打鍵音も、気になるほどではありません。静音タイプのキーボードならなおさら。
(家電量販店は店内がうるさいので、正常に判別できていない可能性は高いです。)

REALFORCEを触ってみて、一気に「高価なメカニカルキーボード、ありかも……!?」と希望が芽生えました。

そのとき試打したキーボードは、「REALFORCE TKL SA for Mac」。

製品 : REALFORCE TKL SA for Mac / R2TLSA-JP3M-BK | REALFORCE | 日本製プレミアムキーボードの最高峰

設置場所を変更しないなら、十分アリな一品だと思います。

ただ、結局REALFORCEではなくHHKBを買いました。理由は後述。

スポンサーリンク

結局HHKBを買った理由

結局、Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨 を買いました。

Happy Hacking Keyboard | HHKB HYBRID Type-S | PFU
株式会社PFUがお届けする高性能コンパクトキーボード、HHKB・Happy Hacking Keyboard HYBRID Type-Sのページです。
Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨|PFUダイレクト
望み得る機能をすべて備えたフラッグシップ...
HHKBを開封した様子
HHKBを開封した様子

REALFORCEではなく、HHKBを選んだ理由は3つ。

  • 無線/有線の両方で接続できるから
  • コンパクトかつシンプルで、本体カラーが黒だから
  • 本体重量が軽いから

REALFORCEのキーボードは、テンキーレスでも1kgの重量があります。なかなか重いです。
私は固定の作業場所がなく、自宅内でうろうろと環境ごと持ち運んで使うため、重さがあると地味にストレスです。

一方、HHKBは約600g(電池含め)なので、ひょいと持ち運ぶならHHKBに軍配が上がります。

他にも、全体的なデザイン性や利用スタイルを総合的に考えて、HHKBをお迎えしました。

スポンサーリンク

家電のお試しレンタルをしてみるのもアリ

近所に家電量販店がない!でも試しに高いキーボードを使ってみたい!という場合、家電のレンタルサービスを利用するのも一手です。

家電のレンタルサービス「Rentio(レンティオ)」では、HHKBやREALFORCEのキーボードを2週間レンタルすることが可能です。

[レンタル] 外付けキーボード 一覧 - Rentio[レンティオ]
HHKB、REALFORCEなどの高性能キーボードを驚くほど簡単、格安でレンタル。送料無料で最短当日出荷。購入前のお試しにも。身分証無しで今すぐ注文できます。
[レンタル] PFU Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID - Rentio[レンティオ]
14泊15日で4,980円、往復送料無料。ネットで予約、宅配便で最短翌日お届け。コンビニや自宅から返却可。RentioでPFU Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 英語配列 PD-KB800BSを激安レンタル。

私はHHKBを買う前にレンタルするかかなり迷い、結局レンタルせずに購入に踏み切りました。
HHKBは英語配列キーボードのみのラインナップのため、その点だけご注意ください。

スポンサーリンク

まとめと感想:キーボードってピンキリ

ここからは感想。率直なところ、キーボードはかなりピンキリです。

大手メーカーのデスクトップPCに付属しているキーボードは、定価2,000円くらい。
一方、今回購入したHHKBやREALFORCEのような、30,000円を超えるキーボードも存在します。

キーボードだけを買うのは、今回はじめての経験です。
日々使うものなので、価格を渋るつもりはまったくありませんでした。

しかし、高額なキーボードは、大抵がメカニカルキーボードです。
メカニカルキーボードなんて、分厚くて重いし、ガチャガチャうるさくてキーも押しにくくて、そんなガジェットに高いお金を払うのか……?と、多くの偏見を抱えていました。
何より、いざ使って相性が合わなかったら、かなり手痛い出費になります。

購入を決めてからも「キーボードに……35,000円……!?」と渋り、なかなか購入に踏み切れませんでした。
いざ購入ボタンを押す際もかなり緊張したなあと、鮮明に覚えています。

ノートPCとHHKBの利用環境
ノートPCとHHKBの利用環境

今ですか? 今は、たいへん快適な環境でこの記事を書いています。ありがとうHHKB。
これを読まれたあなたにも、相性の合うキーボードが見つかることを願っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました