後悔のない人生なんて、どこにあるのだろうか

思考ログ
スポンサーリンク

後悔のありかと不安と

「後悔しない人生を歩みたい」という言葉をよく見かけます。
一度しかない人生だから、みたいな文節もセットになっていることが多いです。

私自身も、後悔のない人生を送りたいと思っています。
しかし、「後悔しない人生を」と言った時点で、後悔とは何か?を考え始め、結果後悔のほうにばかり目が向いてしまう。

そんな状況に、いま頭を抱えています。
実際に過ぎ去った出来事たちを後悔しているか?と聞かれれば、後悔していないにもかかわらず、です。

選ばなかった未来を想像してしまう、見てしまう。
よくひとりで考えるが故のことです。

選ばなかった未来のことは自分にやってこなかったことなので、想像していても何のメリットもありません。
にもかかわらず、つい考えてしまう。

後悔しない人生を歩みたい。
その思いは、どう言い換えればいいのでしょう。

「もしあの時〇〇していれば」という考えは、どう打ち捨てていけばいいのでしょう。
未だにその最適解が分からず、不安定なままで、一歩ずつ進んだり止まったりを繰り返しています。

スポンサーリンク

お知らせ

【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました