人生の「強制イベント」を面白がる勇気

認識を変える

もし、あなたが会社員なら、少し想像してみてください。

  • 急な人事異動を言い渡されたとき。
  • 会社の体制が変わります!と急に言われたとき。

あなたは、この状況を、面白がることはできますか?

スポンサーリンク

本意でない「強制イベント」は、必ず発生する

毎日生活していれば、自分の意に沿わないイベントも、そこそこの頻度で発生します。
会社員としての生活を送っていれば、こんなことも考えられます。

  • 明日から君は異動してあの部署に行ってね!と言われる
  • 1か月後に社長が交代します!会社の方針も変わります!と発表される
  • 半月後に上司が複数名退職します!と急に言われる

もし、あなたが会社員でなければ、似たような状況を想像してください。
一例として、次のようなものが挙げられます。

  • 所属する団体のトップなどが変わる
  • 昔からの仲良しグループに、急に新しい人が入ってくる
  • 家族の転勤が決まる
スポンサーリンク

強制イベントに出くわしたときの反応

さて、そんな「強制イベント」が発生したとき、あなたは、とっさにどう考えますか?

  • めんどくさい
  • やることが増える
  • 今まで作ってきた(慣れてきた)心地よい空間が変わるのは嫌だ

そう思っているなら、試しにその状況を、「面白がって」みてください。
「面白がる」がピンとこないのであれば、心の中で、こう言ってみてください。

「盛り上がってきた!!」

  • 上司が急に辞めるらしい!盛り上がってきた!!
  • 会社の方針が変わると聞いた!盛り上がってきた!!

ちょっと楽しくなりませんか?

スポンサーリンク

めんどくさいと思うのは簡単

人間という生物は、生存のために、現状維持を強く保とうとします。
そのため、外部からの強制イベントに「めんどくさいな……」と思うのは、自然な反応です。

しかし、「めんどくさい」と思って動かないばかりでは、人は衰退していく一方です。
その先に成長はありません。

意に介さないタイミングでやってきた強制イベントも、うまく踏み台にして、自らの成長に使う。

そのためのパワーワードが「盛り上がってきた!」です。

スポンサーリンク

おもしろがるのに必要なのは勇気だけ

嫌だなあ、めんどくさいなあ。
とっさにそう思うようなイベントが発生したとき、その気持ちをぐっと喉元で留めてください。
そして、能動的に「盛り上がってきた!」と考え、許されるなら、こっそり声にも出してください、

私たちは、発生したイベントに対して、どんな反応をするか?をいつでも選ぶことができます。

責任という言葉は英語で「Responsibility」と書きますが、その語源は、

response(反応すること、応じること)
 +
ability(能力)

だとも言われています。

となると、どんな反応をするか?を選ぶのは、「自分の生き方に責任を持つこと」でもある。

そう信じて、私は今日も「盛り上がってきたー!」と考えていきます。

 

あなたは今日、どうしますか?

お読みいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました