ガラスコップを眺めるように、静かな「好き」で自分を満たせ

認識を変える

「好き」の感情も形はさまざま、という話です。

スポンサーリンク

ガラス食器を心ゆくまで眺める

先日、同居人が使っていたガラスコップを割ってしまいました。
すぐに「新しいものを買いに行こう!」ということになり、向かったのはガラス食器のお店。

大好きな、スガハラというガラス食器のお店です。

ハンドメイドガラス食器、ギフトに最適なガラス製品|SGHR スガハラ

スガハラのグラスが大好きで、自分で使うだけでなく、弟の誕生日プレゼントに贈ったこともあります。
直営店では、ライトに照らされて展示されているガラス食器を、心ゆくまでまで眺めることができます。

スポンサーリンク

炎のように熱い「好き」と、凪のように穏やかな「好き」

「好き」という感情は、必ずしも、大きな熱量を伴うものではない。
ガラス食器を眺めていて、ふとそんなことに気づきました。

好きなものに囲まれているときは、必ずしもテンションが上がっているか?
と聞かれると、そうでもないなあ……と思います。

凪のように穏やかな気持ちを維持していることもあれば、澄んだ水面を覗き込むような、静かな好奇心を抱いていることもあります。
これを一般的な言葉であらわすなら「充実感」と呼ぶのでしょう。

ガラス食器を眺めていたときの私は、まさしく自分の心を「好き」で埋め尽くし、充実感に満たされていました。

そして、びっくりするほど、気持ちは落ち着いていたのです。

スポンサーリンク

心地よい「好き」で自分を満たすことを追求する

心地よい距離感の「好き」で、自分自身が満たされること。
この感覚は、無理をせず、ニュートラルに、自然体でいられるときの感覚と同じものです。

熱量の高い「好き!」を燃やすと共に、静かで心地よい「好き」を追求することも、自分を形作るためには必要なこと。
そんな感覚も大事にしていきたいと、改めて思えました。

下手の横好きでも、写真が好きだ!撮った写真を載せていく
好きなものは、どんな状況でも好きって言っていい!詳しくないけれど大好きな「写真を撮ること」について話しました。
「役割を全うする」が意味すること、その先にある未来
「自分の役割を全うする」ってどういう意味? どんなものでも、役割が全うされているとカッコいいんです。その「カッコいい」って、何だろう?と考えてみます。
スポンサーリンク

お知らせ

【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました