「やりたいこと」は、実は退屈かもしれないよ

行動する
スポンサーリンク

やりたいことをToDoに落とした途端につまらなくなる

細々とした内容ですが、やりたいことが比較的たくさんあります。

部屋の模様替えをしたい。近所に開店したカフェに行ってみたい。
気になった講座に参加したい。小説を書いてみたい。内容はさまざまです。

やりたいことを実際にやるためには、タスクやToDoに落とす必要があります。
しかし、タスクやToDoに落とした途端、
やりたい!と最初に感じたときのきらめきは色あせてしまう。

その結果、

やりたかったことをやっているはずなのに、
なぜ私はつまらない毎日を送っているのだろう……

と途方にくれる。

私がよく繰り返しているパターンです。
これを読んでいるあなたにも、少なからず思い当たる節があるかもしれません。

スポンサーリンク

「やりたいことのきらめき」幻想

私たちは、やりたいことに対して、ひとつ誤解をしているかもしれないと仮説を立てました。
「やりたいと感じたときのきらめきは、ずっと続く」という誤解です

他人を見て、やりたいことをやっていていいね……と、ひがみのように感じるとき。
あるいは、好きな仕事で生きていてうらやましいな……と、やっかみを含めた感情を抱くとき。

彼らがきらきら輝いているように見えます。
やりたいことをやっている人生は、なんと輝かしいものだろう! と。

しかし、彼らが初動の「やりたい!」のままあてもなく突き進んだ結果、
今の場所にいるのでしょうか?
さすがに違うよな……と分かるでしょう。

あれやりたい! これやってみたい! とキラキラ目を輝かせているときは、
実行する際のめんどくささや退屈さには、意識が向いていないのです。

多岐にわたり活躍する俳優や歌手、数百万回再生の動画を何本も飛ばすYouTuber。
彼らが、毎日のルーティーンに何をやっているかを、私は知りません。
彼らの毎日の習慣は、意外と、退屈極まりない作業かもしれない。

スポンサーリンク

やりたいことは退屈かもしれない

やりたいことはつまらないかもしれないよ。退屈かもよ。って話でした。

やりたいことは退屈かもしれない。そう認識するだけでも先に進めるでしょう。
退屈でもやる?と自問して、答えがYesのうちは進んでいけるし、
自分のつまらなさも肯定していけるのだ、と感じています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました