「それは違う」と思ったとき、原因は自分にある

人間関係

他人から指摘を受けたとき。
本を読んで、自分と違う意見と出会ったとき。

「いや、それは違うでしょ」と反射的に思ってしまうこと、ありませんか?

そう思ってしまうのは、自分の側に原因があることが、ほとんどです。

スポンサーリンク

経験により作られたフィルターが違うだけ

あなたではない他の人が、同じ指摘を受けたり、
同じ本を読んでも、「それは違うでしょ」とは思わないこともあるでしょう。

しかし、この差自体は悪いものではなく、
「どんな経験を積んできたかによって、作られているフィルターが違う」
だけのことです。

スポンサーリンク

フィルターは他人と共有できない

以前、こんなことを書きました。

物理的に同じものを見ていても、
実際に相手が見ているものを、完全に共有することはできない

引用記事(旧ブログ):
「何を見るか」は、それぞれのフィルター次第

他人からの指摘を受けたときに、自分がどんな反応をするのか。
どの部分に引っかかりを覚えるのか。
これらは、やっぱり完全に相手と共有することはできません。

だからこそ、
「いや、それは違うでしょ」と反射的に思ってしまうのは、
自分の側に原因があるんです。

スポンサーリンク

自分だけのフィルターを、もう一度認識しよう

自分の側に原因があると言っても、自分が悪いわけではなく、
また、意見してきた相手が悪いわけでもない。

ただ、「それは違う」と反応できるのは、それぞれの経験で培ったフィルターがあってこそだと、
私は考えています。

関連する記事はこちら

旧ブログで、いくつか似たテーマの記事を書いています。
お時間があれば、ぜひ読んでみてくださいね。

責任を自覚して「自由」を得る

「情報」との付き合い方

スポンサーリンク

お知らせ

【社会人から、3ステップで仕事と人生を楽しくするメール講座】
配信準備中です!
【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友達追加ボタン、またはID検索「@phv7320r」で登録できます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました