「〇〇できない」から始めよう

認識を変える
スポンサーリンク

できないことを数えてしまう、そんな時

ちょっとしたことで凹んで、
「〇〇できない」とすぐ思っていませんか?

  • この仕事は私にはできない…
  • 明日締め切りの課題を間に合わせるなんてできない…
  • 自分でやると決めたことを続けることができない…
  • トラウマを克服できない…

できないと考えてしまう理由も、いろいろあります。
それこそ指折り数えたくなるくらいでしょう。

けれど、言葉が脳裏をよぎったときに、
思い出してほしいことがあります。

スポンサーリンク

諦めてしまうのは、てっとり早いけれど…

「○○できないから終わり」を、
試しにこう書き替えてください。

「○○できないなら、ここからどうするか?」

  • この仕事は私にはできない
    ⇒できないならどうするか?
    (人に頼む・できませんと言う・できる範囲だけやる・転職する・異動届を出す…)
  • 明日締め切りの課題を間に合わせるなんてできない
     ⇒できないならどうするか?
    (締め切りを伸ばしてもらえないか相談する・雑な内容で提出してみる・表紙だけ提出する…)
  • 自分でやると決めたことを続けることができない
     ⇒できないならどうするか?
    (続けられるサイズまでやることを小さくする・なぜやれないのかをリストアップする・いっそやめる…)

などなど。

スポンサーリンク

「できないなら、どうする?」から始めよう

「〇〇できない」は、
【終点】ではなく【始点】です。

今、あなたは「〇〇できない」と、
思っていることはありませんか?

私はたくさんあります。

それでも一歩、
半歩でもここから動き出すために、
「〇〇できないならどうするか?」
と、自分に質問しつづける。

これを忘れなければ、
ほんの小さな半歩、一歩を振り返ったとき、
「ずいぶん遠くまできたものだ」
と思えます。

また、ここから一歩、
始めていきましょう!

 

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました