フジファブリック・志村正彦という男を忘れられない

音楽

私は音楽が好きです。
その音楽遍歴の中心であるロックバンドのひとつが、フジファブリックです。

スポンサーリンク

2009年に亡くなったボーカルの歌を忘れられない

フジファブリックのボーカル・志村正彦は、2009年12月に急逝しました。
私は、志村正彦が急逝して以降の彼らに、まっすぐ向き合っていません。

現在を追えていない一方で、彼らの音楽に出会ったときのことを、今でも鮮明に覚えています。

私の実家は、アニメ以外のテレビをつけず、FMラジオがテレビの代わりでした。
ラジオで流れる音楽を通じて知ったものが、たくさんあります。
BUMP OF CHICKENの天体観測などもそのひとつです。

そんな中で、中学生のときに初めて聴いた「赤黄色の金木犀」の鮮明さとノスタルジアを、今でもときどき思い出します。
私の中のフジファブリックは、まだ志村正彦のボーカルの頃で止まったままです。

志村正彦が亡くなってからは、これまでギターを担当していた山内総一郎が、ギターボーカルを務めています。
私は未だに向き合えていないままですが、山内総一郎がボーカルになってから、フジファブリックのことを好きになった人もたくさんいます。

フジファブリックに限らず、今好きなものに違う出会い方をしていたら、どう好きになっていただろうな、と時々考えます。
好きにならないかもしれませんしね。


「懐古厨」
という言葉は、好きではありません。
自分もそうはなりたくないと思っています。

しかし、思い入れが強すぎるあまり、対象の現在とうまく向き合えなくなるのは、実際にある話です。
そこを、懐古厨という言葉で蔑ろにするのは、これまでの感情や経験に対して、失礼なことをしているのではないでしょうか。

それはそれ、今を追いかけるかどうかは、また別の話。

スポンサーリンク

偏見のない「好き」など存在しないんじゃないか

個人の解釈が入らず、偏見のない「好き」なんてあるのだろうか。
そんなことを考えます。

先述の通り、私は、志村正彦がいた頃のフジファブリックに思い入れが強すぎて、彼が逝去して以降の音源に、あまり向き合っていません。
ただ、彼が死んだという事実と、今のバンドの活動内容につながりを持たせて解釈しているのは、紛れもなく自分の意志です。

志村の死後、ギターパートの山内がギターボーカルに転向してからフジファブリックを知った人は、志村が歌う音源を聴いて違和感を覚えるそうです。

同じものを好きな人はたくさんいるけれど、どんな経緯で好きになるかは人によって異なります。
同じ対象への「好き」でも、出会い方や感情の乗せ方、関わり方は十人十色。
その経緯には、ひとつとして同じものはない。

事実と解釈はいつだって別物だ。
そのことを、折に触れて思い出すのです。

フジファブリック・志村正彦という男を忘れられない(2)~意固地なファンの解釈を書き換える1曲
志村正彦を忘れられない一方、彼が亡くなった後、山内総一郎が歌うフジファブリックも好きです。一方で、「ボーカルが変わってから聴かなくなった」という人も多くいる。 どんな理由であっても、当人の事情で人それぞれです。他人の解釈にとやかく言っている暇があるなら、自分の好きなものを好きでいつづけたい、という話。
スポンサーリンク

お知らせ

【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました