コミュ力が高いと誤認して、「聴かない」落とし穴にはまった話

人間関係

あなたは、他の人と会話をしているとき、どのくらい相手の話を聞いていますか?

「ちゃんと聞いてるよ!」って、内心思ったりしました?

本当にちゃんと聞いている?

ちゃんと聞いている、って何なんでしょう。

相手の言葉に集中して。
相手の表情をじっと観察して。
ただ、目の前に展開される相手の言葉を、偏見なくそのまま受け入れて。

あなたは、相手の話を、本当に「ちゃんと聞いている」と、胸を張って言えますか?

ここまで、完全に自戒です。
相手の話をちゃんと聞いていると思っていたけれど、実はあまり話を聞いていませんでした。
私の話です。

何をしていたのかというと。
相手の話を聞きながら、次に何を話せば相手が喜ぶかを、考えていました。
対面する相手が一生懸命に話していることを、半分程度しか聞いていませんでした。

「聞き上手」という思い込みが作った落とし穴

もともと、私はちゃんと相手の話を聞いている!と思っていたほうです(思い込みだったわけですが)。
ただ、どうにも会話が弾まなかったり、うまく噛み合わなかったりすることがある。

「コミュニケーションでもっとも大事なことって、聞くことじゃないんだろうか?」
「どうして、うまく会話を回せないんだろうか?」

どうにかしたいなあと、思うようになりました。

コミュニケーションや傾聴に関する書籍を読んだり、レクチャーを受けました。
書かれていたのは、こんな言葉たち。

・コミュニケーションの問題は、聴くスキルを身につければ解決する
・自分の頭の中の「決めつけ」に引っ張られると失敗する
・会話で発揮される傾聴は、情報収集と同じ

えー!やってるよー!と思いながら、試しにこんなことを意識してみました。

話し相手に、意識を集中させてみた

話しかけられたときや、会話の最中、相手が喋っているときに、意識の全部をできるだけ相手に向けるよう、注意してみました。
その時に気をつけていたのは、こんな部分です。

・話す内容を頭の中で繰り返して、「次に何を言おうか」を脳にできるだけ考えさせない
・相手の目だけでなく、身ぶり・手ぶりを含めた全体を見るよう心がける
・自然な相づちは打つけれど、相手がひと段落するまでは原則黙っておく

一度試してみて、すぐに気づきました。
「得られる情報量が、全然違う!」と。

相手が発する声色の機微やイントネーション、表情の動き、身ぶり手ぶりなど。
言葉以外の非言語情報が、これでもかと流れ込んできました。

私が思っていた「人の話を聴く」は、いったい何だったんだ……と、愕然としました。
聴きながら考えていたことで、本来なら入手できる情報が、まったく自分に入ってきていなかったんです。

相手を理解するために必要な情報を、あえて入手していなかった。
もう、これは「ちゃんと聞いている」とは言えません。

もしかして自分は、コミュニケーションスキルが高いんじゃないか?とまで思っていましたが、穴があったら入りたいです。

コミュ障だと思ってたけど、どうやら私にはコミュ力があるらしい
唐突な話ですが、これまであなたは、自分のことをどんな人だと思ってきましたか? 「自分は〇〇な人間だ...

これは、「私コミュ力高いのでは?」と思ったときの記事です。

聴かないことによる、コミュニケーションの損失

今まで私はずっと、相手の話を聴きながら、次に何を言うかを考えていました。
そうしないと、見当はずれなことを言ったり、沈黙で相手に不快な思いをさせてしまうと思っていたから。

しかし、実際は逆のプロセスが必要だったんです。
的を得た返事をするため、相手に気持ちよく会話をしてもらうために必要なこと。

それは、「相手の話を聴きながら、次に何を言うかを考えること」ではなく、「相手の話を全身全霊で聴くこと」です。

良かれと思ってやっていたことが、実は特大級の損失につながっていました……。

まとめ:コミュニケーションの第一歩は「相手への集中」

コミュニケーションにおいて、相手の話を聞くことは、たしかに大切です。
ですが、ただ聞くだけでは意味がなかったと、実体験から学びました。

ただ「聞く」のではなく、以下のふたつを強く意識することで、見える世界はぐっと広がります。

・全意識を話し相手に集中させる
・非言語情報(声色・表情・視線・身ぶりなど)を含めて、相手から情報を収集する

「コミュニケーションが上手くなりたい!」
「コミュ障を脱したい!」

もしあなたがそう思っている、またはこれから先そう思う機会があった際には、

まずは相手に意識を集中する!

と思い出してくださいね。
この記事の内容が、お役に立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました