リーダーシップは前に出ていくだけじゃない。誰もがリーダーシップを発揮するための視点

認識を変える

最近、リーダーシップって何だろう? と考えています。

私は人前に出たり、チームメンバーをまとめて先導するのが得意ではありません。
そのため、自分にはリーダーシップなどないと強く思っていました。

しかし今は、自分を含め、誰もがリーダーシップを発揮できると考えています。
そう考えを改めるに至った経緯と、関連する今の思いについて書きました。

スポンサーリンク

リーダーシップと聞いて、自分にはない要素だと思っていた

リーダーシップと聞いて、どんな場面・どんな人物像を思い浮かべるでしょうか。

  • 人々の先頭に立ち、ガンガン指示を出していく姿。
  • リスクを取って「進むぞ!」と意気込む場面。
  • ドラクエで「ガンガンいこうぜ」「いのちだいじに」コマンドを仲間に出す人。

3つ目がややゲーム寄りですが、こういった要素が浮かびます。
私が考えていたリーダーシップは、先頭に立って場を引っ張っていくイメージです。

世の中で言われるリーダーは、仲間をぐいぐいと引っ張っていく力がある。
私にはそういった力はないし、そんな特性も持っていない。
先頭に立つシーンを想像するだけで、プレッシャーと緊張で吐きそうになります。

前面に立たない私には、リーダーシップなど皆無だと考えていました。

……が、実際には違ったようです。
認識を改めたのは、つい最近の話です。

スポンサーリンク

リーダーシップの定義が間違っていたことに気づく

きっかけは、所属しているオンラインコミュニティ内で開催された、自己分析ツール「ウェルスダイナミクス」の説明会でした。

説明会に参加して気づきました。
「私の中で、リーダーシップの定義がずれている」と……。

ウェルスダイナミクスを診断した際にもらえるプロファイルレポートに、気になる記述がありました。
その記述は「リーダーシップスタイル」です。
プロファイルレポートには、次のように書かれています。

  • どんな人でもリーダーシップを発揮できる
  • 各人が異なったリーダーシップを発揮する
  • それぞれに合うリーダーシップのスタイルは異なる
  • 自分のリーダーシップスタイルを変えようとするのは難しい

巻き込む力や推進力をもって、ぐいぐい物事を進められるのがリーダーシップ。
だから、自分にはリーダーシップなんてものはない。

そう思い込んでいましたが、どうやら違うらしいのです。
リーダーシップのスタイルが違うだけだと。

リーダーシップのスタイルって何……!?

スポンサーリンク

相談や協調のリーダーシップもある

ウェルスダイナミクスでは、人それぞれ「周波数」という4つの側面を持っています。
私は、下側「テンポ」の周波数が強く出ています。(プロファイルはトレーダーです。)

ウェルスダイナミクスの周波数分布

このレーダーチャートの4つの分類「ダイナモ」「ブレイズ」「テンポ」「スチール」の分布によって、リーダーシップのスタイルが異なるのだそうです。

テンポのリーダーシップは、相談・協調・協働のリーダーシップ。
自分の中では、相談や協調とリーダーシップにはつながりがなかったため、目から鱗でした。

冒頭で述べたリーダーシップのイメージ(先頭に立って場を引っ張っていくタイプ)は、テンポの反対側である「ダイナモ」のリーダーシップスタイルだそうです。

スポンサーリンク

貢献を思い返すと、自分のリーダーシップスタイルが見えた

ここで、自分のことを思い返しました。

どういうときにチームに貢献できていて、どういうときにうまくいっていなかったか。

「ひとりで何かを進めているとき、だいたいうまくいっていないな」
と、真っ先に思いました……。

逆に、自分はどんなときにチームに貢献できていただろう?
と考えたとき、思い浮かんだのは次のような場面です。

  • 相談を受けながら全体を見渡し、リスクに先回りして対処したとき
  • チームメンバーがより快適に動けるよう環境を整備したとき
  • 締切が決まっているプロジェクトに、具体的な手順を出して対応したとき

私のリーダーシップは、寄り添いや伴走、あるいは後ろから支える要素が大きいのかもしれません。

活動的に前に出ていくのはかなり苦手。
でも、前面に出ていく人たちを後ろから支えて道を作るのは、苦ではない。

そのスタイルなら、すでに私もリーダーシップを発揮しているということになります。

先を進む仲間たちが困らないように。気持ちよく動けるように。
後ろは整えるので、任せてください。

人を巻き込んで引っ張っていくのは苦手だけど、目の前に起こっていることを注意深く観察しながら、人と助け合い、私なりのリーダーシップを発揮していきたいです。
自分が違和感なく動くことそのものが、自他を助けると信じています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました