TRPGのセッション履歴をNotionにまとめたら利便性が最高になった

ツール・アプリ

こんにちは、ゆう(@yuhlabo)です。

最近になって、やっとNotionを使い始めました。

Notion (ノーション) – すべてのチームをひとつのワークスペースで
Notionは単なるドキュメントやテーブルではありません。望み通りに機能するようにNotionをカスタマイズしましょう。

Notionは、機能が多くてとても便利です。一方、何でもできてしまう節もあり、どう使いたいかが固まらないとなかなか運用しづらいのも事実。

そんな万能ツールであるNotionを長らく持て余していたのですが、TRPG(テーブルトークRPG)に関するデータをここにまとめたら最高なのでは……?と思い、個人的に使うデータベースを作り始めました。

結果、最高になったので解説します。見てください。

TRPGで遊んだ履歴をスプレッドシートで管理していた

もともと、TRPGのセッション(=集まって遊ぶこと)の記録を、スプレッドシートで記録していました。以下が実際の画像です。

TRPGセッションをスプレッドシートに記録した様子の画像

以下のような項目を記録して、後から振り返れる状態を維持するのが目的です。

  • 遊んだ日
  • 遊んだシナリオ名
  • ゲームシステム名(クトゥルフ・エモクロア等)
  • GM(ゲームマスター:場を進行する人)
  • PL(プレイヤー:参加者)
  • PC(プレイヤーキャラクター:自分が使ったキャラ)
  • セッション動画のURL

さて、表題の話に戻ります。

仕事でNotionを使うようになり、少しずつ便利さを実感する中、ふと思いつきました。

仕事中のゆう
仕事中のゆう

TRPG履歴のスプレッドシート、もしかしてNotionに移行できるのでは……??

CSVファイルでダウンロードして、Notionに移行していく

そうと決まれば、まずはやってみよう。さっそく行動に取りかかります。
具体的にはこんな感じで移行していきました。

スプレッドシートをCSVファイルでダウンロードする

まずは、Googleスプレッドシート内のダウンロード機能を使ってデータを取り出します。CSVファイル形式でダウンロードします。単純作業なのでサクサクやります。

複数シートがある場合、ひとつずつのシートでダウンロードを選択する必要があります。そのため、シートが増えるとちょっと大変かもしれません。
(一括ダウンロード等の方法については本ページでは言及しませんが、GoogleAppScriptで対応できるようです。参考

なお、CSVファイルの一番左の行(A列)がNotionのページタイトルになるので、子ページにしたい項目を一番左の列に配置しておくのがオススメです。今回の場合は、通過したシナリオ名やプレイヤーキャラクター名などですね。

スプレッドシート上でA列に移動させてからCSVファイルをダウンロードするも良し、ダウンロードしたCSVファイルをExcel等で直接編集するも良し。

CSVファイルをNotionにインポートする

取り出したCSVファイルをNotionに入れていきます。と言っても3つですが。

  • TRPGのセッション履歴(上述のシート)
  • 自分が使ったプレイヤーキャラクターリスト
  • キャラ作成で使うpicrew(キャラクター画像を作る際に使うサービス)リスト

Notionのインポートメニューから「CSV」を選択し、先程出力したCSVファイルを選びます。1ファイルの行数は100行弱ほどでしたが、インポートは一瞬で終わりました。

インポートしたファイルは、データベースとしてNotionに追加されます。
後はこれをNotionで適宜いい感じにしていくだけです。やったね。

実際に移行したNotionがこちら!

実際に、移行後のNotionを見ていただきたいと思います。こちらです。

スクロールすると、以下のようなプレイヤーキャラクターのギャラリーがあります。(画像の追加は順次やっているのでまだ穴があります……。)

作成したデータベースは以下。

  • セッション履歴
  • プレイヤーキャラクターリスト
  • 遊んでくださる方々のリスト
  • GM可能なシナリオ一覧
  • picrewのURLリスト
  • 関連して書いた小説や二次創作物の一覧

何はともあれ、セッション履歴がデータベースの中核です。セッション履歴を詳細に作るために、リレーションに必要な項目を他のデータベースで作っている……といったイメージで運用しています。

セッション履歴には、以下のデータベースをリレーションしています。

  • プレイヤーキャラクターリスト
  • 遊んでくださる方々のリスト

また、プレイヤーキャラクターリストには、関連創作物の一覧ををリレーションしました。

picrewリストは運用を検討中ですが、プレイヤーキャラクターリストとリレーションする方向で考えています。リレーション楽しい!!

GM可能なシナリオ一覧は今後Share to Webで公開する可能性があるため、他のデータベースとのリレーションは行っていません。こういった切り分けにもこだわりが出るなあ、と感じています。

作ったら最高すぎてTRPGでもっと遊びたくなった

NotionにTRPG関連のデータをまとめた結果、一覧性がぐっと向上しました。また、スプレッドシートのときと比較して画像などを入れやすくなり、視覚的にも楽しめるようになりました。

結果、

意気込むゆう
意気込むゆう

TRPGでもっと遊ぶぞ〜〜〜!!!!

とテンションが上がりました。作ってみるものですね!

何でも「やってみよう」の気持ちで小さく試してみる。うまくハマるか、箸にも棒にもかからないか、どうなるかはやってみないと分かりません。
今回は「試してみてよかったな」と確かに思える取り組みでした。

Notionの便利さも実感したので、今後どんどん活用していきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました