投稿専用の無料Twitterアプリ「FasPos」がアップデートされて個人的ベストアプリになったぞ

ツール・アプリ

こんにちは、ゆう(@yuhlabo)です。

愛用しているiOS向けTwitterアプリ「FasPos」を紹介します。
Twitterのタイムラインは見られない、投稿画面だけのアプリですが、日々の呟きにとても便利です。

推しアプリなので強めに紹介します。

スポンサーリンク

タイムラインは避けたいけどツイートしたい!を叶えるFasPos

はじめてTwitterアカウントを作ったのは12年前。まだガラケーの頃です。(世代……)
当時は息をするようにTwitterをやっていました。

そのころの名残か、そもそもの中毒性の高さかは分かりませんが、Twitterを開くとタイムラインを延々と眺めてしまいます。
気になる投稿やリツイートから他の人の投稿を辿り、リンク先でまた別の投稿を見て、の繰り返しで時間が消えるケースもしばしば。

さすがに他にやりたいこともあるし、Twitterにばかり時間を浪費するわけにもいかない……。
でもTwitterには投稿したい……。

そこで使い始めたのが、ツイート専用のTwitterアプリ「FasPos」です。

FasPosの説明画面

このFasPos、元々使いやすいアプリではあったのですが、バージョン4.0.0のアップデート以降さらに便利になり、日々のTwitterの相棒に昇格しました。

どんなところが便利だと感じているか、画像で解説していきます!

スポンサーリンク

FasPosのここが良いポイント3つ

FasPosの推しポイントは、次の3つです。

  • 投稿に特化しており、タイムラインは全く見られない
  • iOS14でウィジェット設定ができる
  • 広告が一切ない

ひとつずつ紹介します。

投稿に特化しており、タイムラインは全く見られない

冒頭から何度もお伝えしていますが、FasPosは投稿専用のTwitterアプリです。
アプリを起動すると、すぐに投稿画面が表示されます。

FasPosの投稿画面

メインで使う画面はこれだけです。シンプルイズベスト。
私はダークモードでiPhoneを使っているため黒背景ですが、通常は白背景に黒文字です。

iOS14でウィジェットを設定できる

FasPosはウィジェットを設定できます。
ウィジェットをタップすると、直接ツイート画面にアクセスすることができます。

FasPosのウィジェット(画面中央)

ウィジェットはアカウントごとに設定できます。
1アカウントなら特に使わなくても問題ありませんが、複数のTwitterアカウントを使い分ける場合は、ウィジェットを設定するととても便利です!

広告が一切ない

FasPosは無料アプリですが、広告の表示は一切ありません。

今までは小さな広告が表示されていましたが、バージョン4.0.0以降は広告が撤去されました。
広告がなくなり、よりツイートに集中しやすくなりました。

代わりに、アプリ内課金で「スーパーサポート」が実装されています。いわゆる投げ銭です。
金額は250円〜11万円(!)と複数段階で設定されています。

FasPos内の投げ銭機能

買い切りで広告非表示にできないかなあ……と以前から思っていたので、個人的には渡りに船のアップデートです。感謝の気持ちを込めて課金しました。

スポンサーリンク

程よい距離感で楽しくTwitterをやっていくぞ

FasPosの主要機能

Twitterを見ること自体はとても楽しいのですが、SNS中毒になりやすいのも事実。
毎日SNSに張り付くばかりでは、本来やるべきこと、やりたいことにも着手できません。

ツイートはしたい、でもタイムラインは一切いらない。
公式アプリでは叶えられないニッチな需要も、個人開発のアプリであれば叶えられます。
(余談ですが、Twitterのタイムラインを見るときはPCでアクセスしています。)

Twitterとの程よい距離感を維持しつつ、これからも楽しくTwitterライフを謳歌したいと思います!

FasPosのダウンロードはこちらから。

iTunes Store へ接続中です
iTunes Store へ接続中です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました