WordPressブロックエディター攻略のコツは「右側」にあり

ブログ

WordPress5.0から使えるようになった「ブロックエディター」が便利すぎる。

便利すぎるのですが、使い始めたときに分からなかったことや混乱したこともあり。
備忘録がてらまとめました。

投稿画面の右側を見ればだいたいオッケー!という話です。

スポンサーリンク

ブロックエディターをやっと使い始めました

2018年12月にWordPress 5.0という新しいバージョンがリリースされ、エディター(投稿画面のことです)が新しくなりました。

このブログもWordPressで構築していますが、最近になって、クラシックエディターからブロックエディターに移行しました。
使い始めるのが遅いよ!という自覚はあります。

ブロックエディターへの移行を決意したのは、以下のブログを読んだことがきっかけでした。
ありがとうございます。

Cocoon初心者のためのエディタ活用の手引き。ブログ見た目いじりはそっちのけ
ワードプレスやCocoonに不慣れなうちはカスタマイズよりは記事投稿してエディタの使い方を身につけようという話。

なお、2021年にWordPressのクラシックエディターの利用は終了するとのこと。
早めにブロックエディターに移行しておいて損はないと思ったのが、今回の移行の理由です。

とはいえリリースから1年強も経過しているので、早いも何も……って話ではある。

スポンサーリンク

ブロックエディターの概念を自分なりにまとめる

今では「ブロックエディター最高!!」と言いたい私ですが、今までのエディターとは構成があまりに違うので、自分の復習がてらどんな内容なのかをまとめます。

WordPressブロックエディターの投稿画面

文字入力や文字装飾は、メインカラムで行います。これは今までと同じ。

クラシックエディターと最も異なるのは、設定がすべて右側(右カラム)にあること。
右側のカラムはタブになっていて、全体の設定と、選択しているブロックの設定に分かれています。

文書全体の設定

  • 公開状態
  • カテゴリー
  • タグ
  • アイキャッチ
  • 投稿時間

メインカラムで選択しているブロックの設定

  • 画像のALTタグをつける
  • WordPressテーマごとの特別な差し込みの設定(Cocoonなど
スポンサーリンク

ブロックエディターのグッドポイント

ブロックエディターには、クラシックエディターにはないグッドポイントがあります。
それは、ブロック単位での並べ替えや編集が簡単にできること!!

ブロックディターでは、段落や画像、引用ボックスなどを、それぞれひとつの「ブロック」として見る。
ドラッグ&ドロップまたは矢印マークをクリックすることで、これらのブロックを簡単に動かせるのです。

例えば、

この画像、A段落とB段落の下のどっちに置くのがいいだろう?

みたいなことも、気軽に試すことができます。

「この画像動かしたいなー」と思ったときも、ドラッグ&ドロップですぐ完了しちゃいます。
クラシックエディターの時は、わざわざコピペして……とやっていたので、もはや雲泥の差です。

それ以外にも、次のような点がグッドポイントとして挙げられます。

  • リンクの修正がしやすくなった
  • 画像にALT情報を入れるのが楽になった
  • 使い回す用のブロックを作れるようになった
スポンサーリンク

ブロックエディターで苦戦したところ

びっくりするほど便利になったブロックエディターですが、使ってみて手こずったところもあります。

まず、クラシックエディターとGUI(画面)が全然違う!!
最初はすごく戸惑いました。

例えば、私は文字数をよくチェックするのですが、ブロックエディターではどこで文字数をチェックするの?という疑問。
これは、メインカラムの左上にある、丸いiマークで情報が出てきます。

WordPressブロックエディターのコンテンツ構造画面

段落数などの文書の概要も出てきますし、目次の要素(h1〜h5)だけをまとめて見ることも可能です。
分かりにくいなら「トップツールバー」モードにするのもいいかもしれませんね。

また、ブロックエディターに変えたら、昔書いた記事はどうなるの?という疑問もありました。
答えとしては、「クラシック」というひとつのブロックにまとめられています。
そのブロック内で、過去に書いた記事の編集は今までどおり行うことが可能です。

スポンサーリンク

ブロックエディターを始めるあなたに伝えたいこと

これからブロックエディターを使うあなたにお伝えしたいこと。
それは次の2つです。

  • とりあえず右側を見ろ!!
  • だいたいの設定は右側にある!!

使い始めた当初は、全てにおいて、どこから設定を変えるのかが分かりませんでした。
細かい設定は全て「右側のカラム」で行うことに、最初は気付けなかったんです……。

WordPressブロックエディターの投稿画面と設定画面

特に、無料テーマのCocoonを使っている場合、ブロックエディターの画面と、クラシックエディターの画面はかなり異なります。

実際に私の話ですが、Cocoonのタブボックスを出すときに、右側に設定項目が出ていたがなかなか気づけず、
「どこから設定を変えるの……!?」
としばらく試行錯誤した記憶があります。灯台もと暗し。

画像にALT属性をつけたいとか、引用ボックスの色を変えたい場合も同様。
設定項目は「右側」にある!!と覚えておくとスムーズです。

スポンサーリンク

まとめ

ブロックエディターはいいぞ!!という話でした。

とりあえずWordPressをアップデートする。投稿画面を触ってみる。
このボタンを押したら何が出るんだろう?を試してみる。
最初は身構えてしまうかもしれませんが、そうやって慣れていくと便利さを実感することができます。

ブロックエディターに移行しても、過去の記事にはさほど影響なさそうです。
特に、当ブログのような雑記ブログであればなおさら。
むしろ影響が出ていたら教えてほしいです。

新しいツール、せっかくなので使っていきましょう〜!
あ、WordPressのバージョンアップの際は、念のためバックアップをお忘れなく!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました