私が文章を書き続ける、3つの理由

ブログ

私にとって、書くことにはどんな意味がある?
なぜ、私は文章を書き続けるのか?

それは、

1. 書くことで自分を変え
2. 書いたものを他人が読むことで、読んだ人を変え、
3. その果てに、世界を変えることができる

この3つを、知っているから。

スポンサーリンク

小学4年生が経験した、文章の原点

国語の授業以外で、初めて文章を書いたのは、小学4年生のときでした。
当時好きだったキャラクターを登場人物にした、今で言う「二次創作物」です。

小説の続きは、インターネット上で作品のファン同士が交流するWebサイトで、連載を続けました。
同じキャラクターが好きな仲間から感想をもらい、親交を深めていきます。

TwitterやmixiなどのSNSも、まだありませんでした。

その交流サイトで出会った、同じ年代の女の子。
私が当時書いていた小説を、熱心に読んでくれて、感想を送ってくれた子です。

当時からイラストを描いていて、私も小説の挿絵をたくさん描いてもらいました。

そんな彼女は、今ではプロのイラストレーターになり、何千人ものファンに影響を与えています。

スポンサーリンク

変化の波を引き起こす

私ひとりができることは、そう多くありません。

しかし、私が文章を書くことで、私自身の意識を変え、行動を変える。
その行動や、書いた文章そものものが、関わった人をほんの少しでも変化させる。
また、その変化が、次の変化を起こしていく。

草の根的な一歩一歩ですが、そうやって、私を起点に世界を変えていくことも、決して不可能な話ではありません。

まるで、ビリヤードの白いキューボールが、他のボールにぶつかって動くように。
あるいは、私を起点に、変化が波状に広がっていくように。

スポンサーリンク

原点は「自分のために書く文である」

LINE@で読者の方とお話していたときに、

私も、ブログは『自分への応援歌』的なところがあります。

とコメントをいただきました。

文章は、「自分のために書く文である」ことが原点だと思います。
もちろん、相手を意識して書くことは欠かせませんが、自分の中にない思いは書けません。
書いたとしても、空虚なものになってしまい、読んだ人に影響を与えることはないでしょう。

スポンサーリンク

発信を続けて目指すもの

なぜ、私は文章を書き続けるのか。

1. 書くことで自分を変え
2. 書いたものを他人が読むことで、読んだ人を変え、
3. その果てに、世界を変えることができる

この3つを、体感として、知っているからです。

私は私を変えるために、日々文章を書いています。
このブログだけでなく、LINE@でも、ほぼ毎日、発信をお届けしています。

LINE@への登録はこちらをタップ

読んでくださったあなたが、1mmでも良い未来に向かえるような変化を作っていきたい。

その連鎖で世界を変えられるなら、これに勝る喜びはありません。

amazarashi「新言語秩序」に、私がブログを続ける理由を見た
言葉のディストピアを世界観として作り上げたロックバンド、amazarashiのライブを見て、自分が情報発信を続ける理由を再認識しました。
スポンサーリンク

お知らせ

【社会人から、3ステップで仕事と人生を楽しくするメール講座】
配信準備中です!
【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友達追加ボタン、またはID検索「@phv7320r」で登録できます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました