「未来に身投げする」ように、怖がりながら進む

行動する

基本的に、私自身は面倒くさがりで変化を怖がるタイプの人間なんですが、変化せざるをえないときもあります。
そんなとき、いつも頭の片隅に置いているフレーズ。

それは、「未来に身投げする」です。

スポンサーリンク

不安や怖さを認識して、それでも行動を踏み出す

身投げとは、水中や火口に自ら飛び込んで死ぬことです。物騒です。
ただ、明確に変化を選ぶときは、いつも身投げするようなイメージを持っています。

「身投げするようなイメージ」と言っても、実際に身投げをしたことはありません。

身投げまでに葛藤があって、怖さもあって、でも行動しようと決めて、目をつぶって飛び込む。
身投げって、その先に何があるか分からないんです。
だから怖い。

「怖いなあ」と感じているのを、後ろめたく思うんじゃなくて。
「怖いなあ」と感じているのは当然のことなんだ、と認識する。

不安はあるべくしてあるものなんだと思ってみる。
それだけで不安が消えたら苦労はしませんが、不安を感じていることは認識できます。

毎回その不安を抱えたまま、未来に身投げをするみたいに、変化に向かって行動を踏み出しています。

スポンサーリンク

転職も海外旅行も全部「身投げ」

私にとっては、転職ひとつとっても「未来への身投げ」でした。

8年以上勤めてきた会社を辞めて、転職活動をするか。
かと言って、今いる場所より悪い環境だったらどうしよう。
面接で心ないことをたくさん言われたら、もう立ち直れないかもしれない。

面接の前日には赤ちゃんかというほどイヤイヤ期が再来し、当日朝から頭痛や肩の痛みが頻発しました。
見えない行き先に不安を抱え、それでも、と身投げする気持ちで毎回面接に臨んでいました。

10年ぶりに、海外旅行で台湾に行ったときも「身投げ」のような気持ちでした。
初の海外旅行は学生時代に行ったシンガポール。修学旅行チックな団体旅行です。
しかし、台湾は個人の旅行。

言葉も通じないだろう、トラブルに巻き込まれたらどうなるか分からない、行ったほうが自分の経験にはなるけれど……。
これも、さまざまな葛藤の末、「ええいままよ!」と飛び込みました。
結果、いま思い出してもワクワクしてくる程、この台湾旅行は楽しかったです。

今所属しているコミュニティに入るときも、実は「身投げ」でした。
月額980円のコミュニティで、金額にすればさほど大きくない額。
それでも、入会申し込みボタンを押す時は、崖から飛び降りるような感覚だったことをよく覚えています。

スポンサーリンク

行動はいつだって怖いからこそ、身投げの感覚を培う

身投げすれば、それまでの自分は、そこでいったん終わります。
「未来に身投げする」のは、今までの自分が死ぬことと同じ。
自分の握りしめてきたもの、こだわりやプライドを手放すタイミングだったりもします。

行動はいつだって怖いです。
怖いけれど、行動は、私に新しい世界をくれる。
認識、知識、経験、人とのつながり、実績などなど。

「怖いほうに進め」って言うのは簡単です。
ですが、実行するのは精神面ですごく大変なことで、私は軽率にそうアドバイスすることはできません。

けれど、「未来に身投げする」感覚を培うことで、怖いながらも一歩を踏み出すことができる。
頭の片隅に、「未来に身投げする」というフレーズを置いておいてもらえたらな、と思います。

人生という「小舟」が向かう先を、いま決めよう
どんな状況でも、「経験が宝」です。 いろんな方が、いろんな表現でさんざん言ってきていることは、百も...
「全ての経験を活かす」って決めたら毎日が楽しくなった
今まで経験してきたこと、またこれから経験すること、全てを「この先のために活かしていく」と決めました。そうしたら、毎日がちょっと楽しくなったんです。いま現在の「しんどい」に効く処方せんは、自分で出していけばいい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました