「普通」にも「特別」にもなれなかった、あなたと私へ

思考ログ

過去の自分が「自分を奮い立たせるため」に書いた手紙を、ふと読み返す機会がありました。

スポンサーリンク

過去、私が私に向けて書いた手紙

過去といっても割と最近で、半年ほど前のこと。

特別に憧れながらもそうはなれず、
かと言って普通にも馴染めない、
中途半端な立ち位置でもがき、悩んで、
どうすればいいか分からなくなっていた時。

当時、お風呂上がりにふと思い浮かんだフレーズを、髪も濡れたままで、一気に書き起こしました。

そんな「自分を奮い立たせるための手紙」です。
読み返してみれば、今の私も力をもらえる言葉が、たくさん並んでいました。

そんな手紙の内容を、ここで出会ったあなたと、今後この文章を読み返す私のために、ここに残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

「普通」にも「特別」にもなれなかったあなたへ

世間一般で言われる「当たり前」「普通」になじめない。
かといって、奇才や天才と呼ばれるような「特別」にもなれない。

「普通」には、中指を立てつつも、羨ましさを感じている。
「特別」には、手が届かないことを知り絶望している。

その間で悩み、もがき、時には笑うあなたと、私へ。

価値とは「人と違うこと」ではなく「あなた自身であること」だ。
必要なものは、「あなた自身であること」を認める勇気だ。

「人と違うこと」に価値を置いている限り、
他人と自分を比較して、相対評価をし続けるだけだ。

世間と自分の感情の不和も。
かといって、出る杭のように突出できないジレンマも。
近い年齢で、特別な活躍をしている人への嫉妬も。
凡庸な自分を認められない劣等感も。

それら全部が、「あなた自身であること」だ。

「普通」への懐疑心を捨てろ。
「特別」への執着も捨てろ。

あなたは、あなたのままで前に進め。
あなたに対しての絶対評価は、あなたにしかできない。

「あなた自身であること」を認めたときに、見える景色が変わる。
難なくやれている事こそが、自分の個性だと知る時が、必ず来る。

1の違いより、100の「当たり前」を敬う
自分が当たり前だと思っていること。他の誰かにとっては、当たり前でないかもしれない。
怖いものがたくさんあるのは、マイナスなことじゃない
怖いものがたくさんあります。 私は、そのことにずっと劣等感を抱いてきました。 行動したいけど、行動できないことはざらで。「〇〇だったらどうしよう」とかよく思います。そんなことは意味がない!と、何度も書いているのにです。
スポンサーリンク

お知らせ

【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました