「働き方」の改革以上に大事なこと

働き方

働き方改革!
……と言われ始めて、ずいぶん経ちました。

実際に改革されているのかはここでは議論しませんが、
働くことの裏にあるもの、について、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

軽視されがちな「休み方」

働くことの裏にあるもの。
それは「休む」です。

今の日本を見ていると、働き方と同じくらい、「休み方の改革」が必要だ、と思ってしまいます。

平日5日間は会社に行って不満いっぱいだから、土日に余暇を充実してリフレッシュしよう!
そんな思いで、家族サービスをし、あるいは友達と遊ぶ。
動き回って、人が多い場所に行って、結局ぐったりしている……。

働きづめで疲れたから、土日はゆっくり休んで気力を充填しよう。
と思うものの、後ろめたさを感じながら家でダラダラしてしまい、
これで良かったのだろうか……?という思ってしまう。

そんな光景を、よく見かけます。
あなたはどうでしょうか?

スポンサーリンク

働くと休むは表裏一体

働き方を変えるなら、休み方も、一緒に変えていく必要があります。

あなたは、休めていますか?
「休めてるよ、土日は休みだし」……ではありません。

自分のメンテナンスをする。
きちんと早寝早起きする、
その日は、遊びに誘われても断る。

そういった、「休む!」と能動的に決めた上で、休むことをしていますか?

ダラダラすると決めたら、徹底的にダラダラしてください。
あなたが決めた選択です。
後悔する余地はありません。

スポンサーリンク

人が動くことが、全て働くという行為なら……?

やりたいことをやってで充実してるはずなのに、なぜかどんどん疲れていく。
キャパオーバーしている感覚。
毎日楽しいのに、活力がなくなっていく。

あなたがそう感じるとき、「働きすぎじゃないか?」という観点で、
自分のことを振り返ってみてください。

会社員に限らず、いつも疲れている人が、とても多いです。
会社に勤務する、事業を行う、子育てをする等だけが、仕事をすること・働くことではありません。

働くことについては、こちらの記事で詳しく書きました。

仕事って何だろう?働くって何だろう?
仕事したくない。 働きたくない。 よく聞く言葉です。私もよく言っていました。 ただ漠然...
スポンサーリンク

休むことにも全力で!

サボると休むは違います。
サボるのではなく、「能動的に休む」と決めて、全力で休んでください。
そのためなら、有給休暇を取ったっていい。

休むことも手抜きせず、全力でやりましょう。

お読みいただき、ありがとうこざいました!

スポンサーリンク

お知らせ

【社会人から、3ステップで仕事と人生を楽しくするメール講座】
配信準備中です!
【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました