2年ぶりのストレングスファインダーで、大きな変化を実感した話

自分を知る

2017年に受験した、強み診断の「ストレングスファインダー」。
もしかしたら、いま再度受けなおしたら結果が変わっているのでは?と思い、2回目のテストを受けてみました。
結果と所感についてレポートします!

2年間の変化を実感したくて、再テストに踏み切りました

ストレングスファインダーは、アメリカのGallup社が開発した「強み診断」のツールです。Webサイトでテストを受ける形式で、34種類の資質を順位付けし、自分の隠れた強みを探ることができます。

そのストレングスファインダーを最初に受けたのが、2017年5月のこと。
この2年のあいだ、自分でも「いろいろあったなあ」と思うくらいには、新しい経験を積み重ねてきました。

  • 初めての転職
  • 10年ぶりの海外旅行、初めての台湾
  • オンラインコミュニティへの参加(2つ)
  • 自分で稼いでみる
  • 今まで交流がなかった層の人たちと関わる

などなど。
その中で、2017年のストレングスファインダーの結果にも、変化が生じているのでは!?と思い、今回改めてテストを受けなおしてみました。

全開のストレングスファインダーテスト結果は、こちらの記事をご覧ください!

迷走していた頃にテストした「ストレングスファインダー」5資質を振り返るよ
2年前に受けた「ストレングスファインダー」の結果を、今更ながら振り返ってみたいと思い、記事にしました。ストレングスファインダーを知ったきっかけと共にお届けします。

ストレングスファインダーについては、こちらのWebサイトに詳しく記載されています。ぜひ見てみてくださいね。

受け方・診断方法 | ストレングスファインダー®とは | ストレングスファインダーで強みを活かす 株式会社ハート・ラボ・ジャパン

2回目のストレングスファインダー結果はこちら!

2017/05 テスト結果

1.規律性:ルールに従う、習慣化する
2.公平性:人や物事を公平に扱う
3.内省:深く考える
4.慎重さ:めっちゃ準備する
5.回復志向:マイナスの状態を正常に戻したがる


2019/07 テスト結果

1.内省:深く考える
2.収集心:物や情報を集めるのが楽しい
3.個別化:個人が持つユニークな個性に着目し、引き出す
4.学習欲:学ぶのが好き、学びを心から楽しむ
5.責任感:自分が決めた事をやり遂げる、約束を守る
ストレングスファインダー分類シート(ゆう/201907)
34マスターシート ストレングスファインダー資質分類,ゆう(2019.07) WD 実行力,アレンジ,Arranger,1,内省,ダイナモ,0.12 回復志向,Restorative,2,収集心,ブレイズ,0.16 規律性,Discipline,3,個別化,テンポ,0.48 公平性,Consistency,4,学習...

こちらの「比較表」シートに、順位変動も記載しています。

所感。順位の大変動に思わず笑う。

まずは結果を見てみて、率直にどう思ったか。
大変動を引き起こしてて笑いましたね。

まず、「内省」が1位にランクアップしたのは頷けます。
以前、内省について記事を書いたほどなので、これは納得です。

考えていて楽しいこと3つを、“内省”持ちが存分に語る
「考える」は楽しい。面白い。考えることは、私にとって、とても重要な遊びです。ストレングスファインダー「内省」的な、考える楽しさを語りました。

一方で、他の資質の順位がごっそり変わっていると思わなかったので、びっくりしました。

とはいえ、上位資質(1位〜10位辺り)が中位になったり、中位が上位になったりはしたけど、下位の資質はそんなに変わらないものなんですね。
2017年当時の上位資質は、回復志向を除いて、だいたい10番目くらいには入っているようです。
ここ2年の変化を物語っているなあ、と思うとともに、今の自分はこんな感じだと分かって、「なるほど!」という気持ちです。

2年前にストレングスファインダーをテストした頃は、自分の完璧主義に嫌気がさしていましたが、ちょっと完璧主義は薄まったかなーって感じがしますね。
慎重さが下がっているのは想定内ですが、ただ体感としては、自分の慎重さはあまり変わっていないように思います。

収集心と学習欲について思うこと

今回トップ5にランクインした、「収集心」「学習欲」について。
学習欲と収集心がセットで上位資質なのはよくあることのようですが、自分は初めてなのでワクワクしました。

「収集心」は、集めるのがモノとは限らないそうです。
情報や知識、経験を集めたい。お金を集める、ということもありそう。
私の場合は知識や経験を集めたいと思うタイプで、「この世の全てを知りたい」みたいに思うことさえあります。
インターネットとかWikipediaとか無限に見ちゃいますしね。
ここ数年思う「何でも一度はやってみよう!」という気持ちも、この辺りが源になっていると言えます。

学ぶこと自体が好き!という思いは大事にしていきたい。
一方で、学ぶだけで頭でっかちにならないように、気をつけたいです。

2回目のテストは、念のためアカウントを再作成しました

さて、ここまで書きましたが、ストレングスファインダーの提供元であるGallup的には、2回目の受験は推奨されていません。
あまり何度も頻繁に受けるものではない、ということはお伝えしておきたいと思います。

今回のように、年数が経過したので再度受験したい!という場合は、念のため新しいアカウントを作ることをオススメします。

ストレングスファインダー2回目受験でミスってコード消滅したので注意して
すっかり有名になった強み診断のストレングスファインダー。 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』という本に『スト…

こちらのブログを呼んで、あらかじめ新しいアカウントを作ってから望みました。

もしかしたら今は仕組みが変わっているかもしれませんが、万が一テストを受けられなかったら嫌ですしね。
もし2回目の受験をされる場合は、ご注意くださいね。

強み診断の「ストレングスファインダー」やってみてね

改めてテストを受けなおしたストレングスファインダーの結果は、以下の通りでした。

1.内省:深く考える
2.収集心:物や情報を集めるのが楽しい
3.個別化:個人が持つユニークな個性に着目し、引き出す
4.学習欲:学ぶのが好き、学びを心から楽しむ
5.責任感:自分が決めた事をやり遂げる、約束を守る

ストレングスファインダーは、「自分が自然にできていることは何だろう?」と知るのには最適なテストです。
自分が自然にできていることこそが強み。
「自分の強みはなんだろう?」と思ったときは、一度受験してみてくださいね。

迷走していた頃にテストした「ストレングスファインダー」5資質を振り返るよ
2年前に受けた「ストレングスファインダー」の結果を、今更ながら振り返ってみたいと思い、記事にしました。ストレングスファインダーを知ったきっかけと共にお届けします。
考えていて楽しいこと3つを、“内省”持ちが存分に語る
「考える」は楽しい。面白い。考えることは、私にとって、とても重要な遊びです。ストレングスファインダー「内省」的な、考える楽しさを語りました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう