「他人に迷惑をかけてはいけない」という信念の傲慢さ

自分を知る

ずっと「他人に迷惑をかけてはいけない」という思い込みを持っていました。
一見いい人そうに見えますが、この信念は、ともすれば人を見下す要因にもなります。

ぞっとする気づきと、迷惑をかける練習をしているお話。

スポンサーリンク

強烈な思い込み「他人に迷惑をかけてはいけない」

ずっと思い込んでいた信念があります。
その内容は、「他人に迷惑をかけてはいけない」ということ。

迷惑をかけたらどうなると思い込んでいたか?と言いますと。

  • 死ぬ!とまではいかないが、大きなダメージを受ける
  • すごい剣幕で怒られる
  • 存在意義を否定されたような気持ちになる

インド哲学に「お互い迷惑をかけ合って生きているのだ」みたいな教えがあります。
ああいう教えを、頭では分かっていても、全然実感できないのです。
まあ、つまりは理解できていなかったってことですよね……。

スポンサーリンク

迷惑をかけたと思ったエピソード

この信念について考え始めると、パンドラの箱を開けたみたいに、迷惑をかけたときのエピソードが思い出されます。

10年以上前、モノブライトというロックバンドのライブを見るために、岡山まで行ったときのこと。
ライブの前後で母親と喧嘩し、こっぴどく怒られました。理由は忘れましたが。
帰りの新幹線の車内で、泣きながら電話で謝ったことを覚えています。

あれは本当に謝る必要があったのだろうかと、ふいに考えたりします。

誰にも迷惑をかけずに生きたいと思っていました。
他人様に迷惑をかける自分は、価値のない人間だ!って思っていました。

いやー、無理な話だわ!

スポンサーリンク

迷惑をかけられたときはどう思うか

一方、他人から迷惑をかけられるのはどう思うか、と考えてみます。

例えば、知り合いや友人から迷惑をかけられたりした場合どう思うか?

「まあ事情があるし仕方がないよなあ」
「悪意がなければ特に気にしないな」

他人からの迷惑は気にしないけれど、他人に迷惑をかけたくない。
その奥には、「完璧な自分でありたい」「自分が優位に立ちたい」という思いがあります。

他人に迷惑をかけたくないのは、傲慢さの裏返しで、他人を見下す思考につながる。
自分の中にある闇の部分を見て、ゾッとしながらも、心当たりのある部分だと感じました。

スポンサーリンク

今は、他人に迷惑をかける練習をしている

今は、迷惑をかける練習をしています。

という書き方をすると傍迷惑な奴だと思われそうですが、厳密には、
自分では「こんなこと依頼したら迷惑かな……」と思うことを、あえて依頼する
という練習を積み重ねています。
やってみると、案外普通に引き受けてくれるんですよね。

依頼やお願いをするまでは
「相手はすごく嫌な思いをするかもしれないなあ」
と、不安ばかりを募らせていました。

しかし、いざ依頼してみれば、相手はなんとも思っていないことが分かります。

何か思っているかもしれないけれど、少なくとも言ってきたことはありません。
また、何か言われるようなら、言われたときに考えよう……!と思えるようになりました。

迷惑をかけるという恐怖も、そういう自動反応設定が自分に入っているだけなのかもしれない。
反応は選べるんだという気持ちで、様子を見ながら、いろいろ試していこうと思います。

どんな自分であるかは、自分自身で決める
性格診断や自己分析ツールは、コミュニケーションや自他の理解を助けてくれます。一方で、行動アドバイスを取り入れすぎて自分を見失ってしまうこともあります。そんな落とし穴にはまった私の話です。
好きなものでも、しんどくなるまでやっちゃ意味がない
趣味や仕事に限らず、どれだけ好きなものでも、しんどい!って思うまでやってしまうのは意味がありません。辛くなるまでやってしまうと、好きなものが好きでなくなってしまう。 そんな悲しい事態を回避するためにできることはないか、考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました