amazarashi「新言語秩序」に、私がブログを続ける理由を見た

音楽

私たちが毎日必ず使っているもの、それは「言葉」です。

スポンサーリンク

日常に使っている言葉を牽制し合う嫌なムード

朝起きたときの挨拶。IC定期券に印字された定期圏範囲。
人身事故で電車が遅れていることを伝える電光掲示板。会議の資料。
スマートフォンに表示されたアプリの名前と、ひっきりなしに届くメッセンジャーの通知。
ランチを選ぶときのメニュー、Googleで検索する飲み屋の情報、それを送信するときのURLも。
飲みの席で展開される堂々巡りの愚痴、タクシー運転手に告げる自宅までの行き先。
車内に流れるラジオでナビゲーターが話す話題、帰宅後の家族との会話、などなど。

あなたも私も、日常的に言葉に触れています。
もはや、言葉に触れない日なんてあるのでしょうか。

インターネットが普及したことで、いよいよ私たちは、現実世界だけでなく、四六時中言葉に囲まれて暮らすようになりました。
インターネットで使う言葉は、肉体のある世界以上に、言葉尻が取られてしまう場面を見かけます。

ユーザー同士が、お互いの発言を睨み合って揚げ足を取ろうとしたり。
少数の意見を、多数の人が寄ってたかって叩いて潰したりなんてこともあります。
そういった、目に見える・または見えない牽制によって、自由な発言・表現がしにくい雰囲気が出来上がっていきます。

そんな現状をモチーフにして、amazarashiというアーティストにより、ひとつの世界観が作り上げられました。

スポンサーリンク

ロックバンドamazarashiと、彼らが創った「新言語秩序」

amazarashiは、2007年から活動している、青森県出身の秋田ひろむを中心としたロックバンドです。

自分自身の虚しさから曲を書き起こし、今では公開されている楽曲は101曲。
秋田自身は顔を出さず、メディア展開はインターネット中心に展開されています。
ライブも、演者の前面にスクリーンを下ろし、タイポグラフィーと映像を映す独特のスタイルです。

2010年に、私はこのバンドに出会い、以降ずっと彼らを追いかけています。
「世界観を大事に育てている」という表現がぴったりのバンドです。

そんなamazarashiの新プロジェクトが「新言語秩序」

多種多様な他者を傷つけないための会話のテンプレート「テンプレート言語」を使う国。
自分の言葉で表現を行うと、警察及び自治団体に取り締まられ、洗脳まがいの「再教育」をされる……そんな世界観。

表現に対する狭量さ、表現をする上での息苦しさをモチーフに作り上げられた物語です。

『「新言語秩序」は、言葉のディストピアの物語です。』

amazarashi「新言語秩序」特設サイト より

スポンサーリンク

私がブログを書き続ける理由を、再認識した

自分の話。

ブログやSNSなどで自分の情報を発信していくなかで、「何のためにやっているのか?」が分からなくなった時期がありました。

考えていることや、読む人の役に立ちそうなことを発信していっても、どこか空虚で。
だんだん「インターネット上の自分」が何なのか、分からなくなっていました。

実際は「自分のために書いているんだ」って、答えは分かっていたにもかかわらず、です。

私が文章を書き続ける、3つの理由
私にとって、書くことにはどんな意味がある? なぜ、私は文章を書き続けるのか? 原点は「自分のために書く文である」ということです。

私は、ブログに書いた言葉たちで自分を作り変えている、という認識を持っています。

言葉で自分を作りあげた方向にしか、自分は変わっていきません。
言葉で自分はできているから、自分を残し、未来を変えるために、ブログを書き続けるんです。

その事実を、amazarashiの「独白(検閲解除済み)」を聴いて、痛烈に再認識しました。

言葉は積み重なる 人間を形作る 私が私自身を説き伏せてきたように
一行では無理でも十万行ならどうか
一日では無理でも十年を経たならどうか

何行でも、何万行でも。
自分のために文章を書こう、ブログを残していこうと思いました。
あくまでも自分のために。その次に、関わる人たちのために。

スポンサーリンク

「新言語秩序」の世界を追体験する

言葉のディストピアとして展開された世界観「新言語秩序」

その核となるライブは既に終わってしまいましたが、特設サイトやアプリから、その世界観を追体験することができます。

せっかくなので、おすすめの巡回方法を紹介しますね。

amazarashi「新言語秩序」の楽しみ方

  1. amazarashi「新言語秩序」特設サイトを見る
  2. Youtubeで「リビングデッド(検閲済み)」を見る
  3. 「新言語秩序」プロジェクト専用アプリをダウンロードする
    ダウンロードページはこちらです。 
  4. アプリで小説を読む(第四章-真以外)
  5. アプリでリビングデッド(検閲解除済み)をアプリで聴く
    ※映像は刺激が強いので、体調の良いタイミングで見ることをオススメします。
  6. アプリで小説を読む(第四章-真)
  7. アプリ内のギャラリーから、「独白(検閲解除版)」を聴く

また、ライブの映像を映画館で後日放映する、ディレイビューイングも行われます。

スポンサーリンク

言葉について考えるきっかけを得る

あなたは、どんな言葉で、SNSを使っていますか?
何のために、ブログで情報発信をしていますか?

「新言語秩序」を体感して、言葉について考えるきっかけを得てもらえたら、とても嬉しいです。

私が文章を書き続ける、3つの理由
私にとって、書くことにはどんな意味がある? なぜ、私は文章を書き続けるのか? 原点は「自分のために書く文である」ということです。
あなたの使う言葉が、あなたの世界を作っていく
婚活中の知人と話して思ったこと。自分が発する言葉を、いちばん近くで聞いているのは誰だろう?それは、自分自身です。
「反応」であなたが作られる〜自分の実像はどこに?
「自分」って、どこにあるんでしょうか。 いきなり禅問答みたいな質問になってしまいましたが、 ...
スポンサーリンク

お知らせ

【LINE@を始めました】
ブログの更新状況や、ここだけのお話などお知らせします!
ぜひ登録してくださいね。
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました