私にとっての情熱はもはや「狂気」だ

自分を知る

こんにちは、ゆう(@yuhlabo)です。
最近つらつらと考えていることのひとつ、情熱と狂気について少し書きます。

スポンサーリンク

人の目を気にして好きを表明できない私に訪れた変化

私は、他人の目を気にして自身の「好き」を表明するのをためらいがちです。

「私が好きだと言っても、これをもっと好きな人はたくさんいるからなあ……」
「私なんかの知識量で好きって公言してもいいのかなあ……」
「私より経験豊富な人はたくさんいるからなあ……」

といった感じで。
文章にすると、それはそれは滑稽なわけですが。

他人など知らん、私はこれが好きだから追求するんだ。
そんな趣味やライフワークを持っている人をうらやましく眺めてきました。

しかし、ここ1年、周りを気にせずに突き進んでいけるものを見つけました。
フレンチトーストです。

いろんなお店にフレンチトーストを食べに行ったり、また自分で作ってみたり。

好きが高じてフォトブックを自作しました。

スポンサーリンク

フレンチトースト好き

自分で言うのも何ですが、フレンチトーストへの探求はとどまるところを知りません。

仕事の昼休みに、会社最寄り駅近くのカフェに行く。休み時間を30分オーバーする。
コンビニの新商品を買い込み、フレンチトーストのストックが渋滞する。
とにかくフレンチトーストと名のつく商品があれば手を出してみる。

すべての活動が楽しくて、周りからどう見られているかなんてどうでもいい。
ワクワクしながら、フレンチトーストを楽しめています。
そこに義務感などはなく、ただの強い興味や好奇心で動き続けています。

その状況は「好きなことを突き詰めてやってるだけ」かもしれませんが、私にとってはもはや軽く「狂気」の域です。

周囲にかまわず、何を言われようと、笑われようと、私はこれをやる。
私にとって、そんな好きを持つのはもはや「狂気」と言っても差し支えないのです。

今までは、他人など知らん!と言い切れなったから。
そう言い切れる「好き」は、私にとってはもはや気狂いの域です。

スポンサーリンク

狂気のほうがおもしろい

でも、実際、狂気で何かやるほうがけっこう面白いな、とも思っています。
ここで言う狂気は、世の中の一般で言われる「情熱」と近しい概念と言えるでしょう。

「なぜそれにそこまでの情熱を……?」みたいに思われるかもしれません。
でも、何に情熱をかけるかって、もはや自分にしか決められないのです。

TBS系列で放映している「マツコの知らない世界」が好きです。
(フレンチトースト回は見逃しました……。不覚……。)
あれも「どうしてそれを追求した?」と拍手したくなる情熱の宝庫ですよね。

道端の石ころかもしれない。謎に片方だけ落ちている軍手に熱を上げているかもしれない。それらと同じ熱量で食料問題に取り組む人だっているでしょう。
その情熱の中身に優劣はないはずです。

狂気とも呼べる情熱で突き進む人が増えるといいな、と思います。

あと、フレンチトースト関連の情報は、TwitterまたはInstagramにて随時お待ちしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました