PCでTwitterのタイムライン(TL)を非表示にする方法【Stylus活用】

ツール・アプリ

PCブラウザで、Twitterのタイムラインを非表示にする方法をまとめました。
ブラウザ拡張機能「Stylus」を使います。

ブラウザを開いたときにタイムラインが見えないだけで、Twitter中毒がかなり軽くなります。
投稿はしたいが、時間が溶けるのでタイムラインを見るのは避けたいときに有効です!

Stylusをもう使っていてCSSだけ知りたい方は、このリンクからどうぞ。

スポンサーリンク

Twitterのタイムラインを非表示にしたい!

Twitterのタイムライン(TL)は、自分がフォローしたユーザーの投稿やRTが無限に流れていきます。

便利な一方、油断すると1〜2時間をタイムラインの監視に費やし、はっと気づけば時間が溶けて後悔するみたいな事態もよく起こります。
「タイムラインを見ないぞ!!」と、意志の力でどうにかできたら苦労しない……。

投稿はしたいが、タイムラインを見るのは避けたい。
その両方をカバーするために、ブラウザ拡張機能の「Stylus」を使ってTwitterのタイムラインを非表示にしてみました。

【Stylusってどんなツール?】

Stylusは、ブラウザにインストールする拡張機能です。

閲覧するWebサイトの見た目を、自分好みにカスタマイズすることができます。
分かる人向けの説明をするなら、「ブラウザで閲覧するWebサイトに、個別でCSSを設定する拡張機能」です。

なお、この方法は、F太さん(@ta7e)がつぶやいていたのをきっかけに知りました。
ありがとうございます。

スポンサーリンク

タイムラインを非表示に設定する前の事前準備

Stylusを使うために必要なツールは、次の2つです。

  • 拡張機能 Stylus
  • 拡張機能をインストールできるブラウザ
    (Google ChromeまたはFirefox)

私はGoogle Chromeを使っています。
Microsoft EdgeやSafaliなどのPCに最初から入っている標準的なブラウザでは、この記事に記載の方法は行えません。

ブラウザのインストール方法

まずはブラウザをインストールします。

この機にブラウザ自体を乗り換える場合は、お気に入りの移行なども可能です。
(この記事では説明しません。)

Stylusのインストール方法

ブラウザの準備が終わったら、拡張機能のStylusをインストールします。

Google ChromeでStylusをインストールする画面

インストールが終わったら、ツールバーにStylusのアイコン表示されます。

以上で事前準備は完了です。

スポンサーリンク

拡張機能・StylusにCSSを設定する(コピペでOK!)

Stylusのインストールが完了したら、Twitterの画面表示を帰るためのCSSを設定します。

ツールバーに表示されているStylusのアイコンをクリックし、「管理」のボタンをクリックします。

ブラウザのツールバーのアイコンをクリックして、Srylusの管理画面を起動する
Srylusの管理画面を起動する

次に、画面左側の「新スタイルの作成」をクリック。

Stylusの管理画面で新スタイルを追加する
Stylusの管理画面で新スタイルを追加する

「スタイルを追加」画面の右側にある入力欄に、以下のコードをコピーして貼り付けます。

スタイルを追加する画面(右側に下記をコピーして貼り付け)
スタイルを追加する画面(右側に下記をコピーして貼り付け)
/* この行からコピーする */
/* Twitterのトレンド欄を消す */
div[aria-label="タイムライン: トレンド"]{display:none}
div.Trends{display:none !important}

/* Twitterのおすすめユーザを消す */
aside[aria-label="おすすめユーザー"]{display:none}
div.wtf-module{display:none !important}

/* トレンド欄の広告を消す */
li.promoted-trend{display:none}

/* フッター非表示 */
nav[aria-label="フッター"]{display:none}
div.Footer{display:none !important}

/* いいね・RT・コメント数非表示 */
.r-qvutc0 .css-1dbjc4n .r-qvutc0 {display:none;}

/* ホームタイムラインを消す */
div[aria-label="タイムライン: ホームタイムライン"]{display:none !important;}

/* この行までコピーする */

貼り付けたら、「名前を入力してください」の欄に分かりやすい名前を入力します。
私は「Twitterを投稿専用画面へ」と入力しました。

画面左側にスタイルの名前を入力する
画面左側にスタイルの名前を入力する

この設定を行った状態でTwitterのホーム画面を見ると、次のような画面が表示されます!
ブラウザで見た目を変えているだけなので、通常どおり投稿できます。
なお、ユーザーページではツイート一覧が見られます。

Stylusで設定後、タイムラインが表示されなくなったTwitterの画面
Stylusで設定後、タイムラインが表示されなくなったTwitterの画面

たまにはタイムラインを見たい!と思ったときは、Stylusのアイコンを右クリックして「すべてのスタイルをオフにする」をクリックするか、拡張機能自体を無効化すればOKです。
元に戻すのをお忘れなく。

スポンサーリンク

スマホの投稿専用TwitterアプリはFasPosがおすすめ

スマートフォンで投稿専用の画面がほしい場合は、投稿専用のTwitterアプリ「FasPos」がおすすめです。
FasPosはTwitter投稿画面のみのシンプルな構造です。タイムラインは参照できません。
Stylusでの設定とFasPosのおかげで、だらだらとTwitterでの時間の浪費がほとんどなくなりました。

本当に、気づいたら時間が溶けていますからね……。

‎FasPos
‎ウィジェットから今日の出来事をツイートしよう。(*・ω・*∩ FasPosはTwitterへの投稿をこれまでになく素早く行えるアプリです。 ウィジェットから起動できるのでどこからでもすぐに投稿できます。 投稿までに必要なステップは3ステップだけ( ゚Д゚) 1.ウィジェットからアプリを起動 2.投稿内容を入力 3...
スポンサーリンク

まとめ

ブラウザ拡張機能「Stylus」を使って、Twitterのタイムラインを非表示にする方法をまとめました。
ブラウザを開いたときにタイムラインが見えないだけで、Twitter中毒は大幅に軽減されると思っています。

Twitterを見て時間を溶かしてしまうなら、一度試してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました